村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

【第100回】「出逢いの大学」「株価チャート実践帳」 このエントリーを含むはてなブックマーク 

先週は、仕事でお付き合いしているYさんと食事。
新商品開発に向けて、ちょっとは前進?翌日からのご夫婦での旅行は楽しめたかな?
Yさんのようにやる気のある人と話すのは、本当に楽しい。今度はセミナーに誘ってね!


話は変わり、今、長崎市内は人の流れが大きく変わっています。
というのは、地元のバス会社が、「ココウォーク」という娯楽施設?をオープンしたから。


長崎は人口が減り続けていることもあり、バス事業以外にも進出することにしたとのことで、
新事業を始めるタイミングは今しかない!という感じ。


資本投下で建物ができ、景色が変わると、活気が出る。
ハードでもソフトでも、変化が起きるとワクワクする。僕も早く行ってみたい。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【タイトル】
「出逢いの大学」(千葉智之氏著;東洋経済新報社)
「株価チャート実践帳」(渋谷高雄氏著;あさ出版)

【この本を読む目的】
「出逢いの大学」の千葉さんはリクルートの社員さん。


また、千葉さんはこのブログの97回(http://www.sr20.jp/murai/9780.html)で紹介したつっちと大学の同級生で、先日、同窓会?をしたとのこと。(本当に、世間は狭い!)


リクルートの方というだけでも心ときめくのに、つっちと友達なんて聞いたら、僕が舞い上がらないはずはない。


つっちと飲んだときに気軽に「今度、『出逢いの大学』を送るから、千葉さんにサイン入れてもらえない?」と話してたら、早速、千葉さんにサイン入り本を送っていただいて・・・


千葉さん、本当にありがとうございます!!
早速、読ませていただきました!!
お礼を送らせていただきます。


つっちも、本当に千葉さんにお願いしてくれて、ありがとう!!
とても嬉しかったよ♪


「株価チャート実践帳」の渋谷さんは、僕の投資の師匠。
先日、渋谷さんのセミナーを受けた後、この本を読んで、完全に考え方を修得!


以前との大きな違いは、投資するときに緊張しなくなったこと。
競馬も含め、ギャンブルは「どうなるかわからない」と緊張するのに対し、理論立てて展開を説明できれば緊張しない。
本当に修得できたか、結果でわかるでしょう。


【何がわかった?】
「出逢いの大学」
・人脈が完成形に近づくと、電話やメールの数が多くなり、頼んでもないのに人を紹介されるようになる
・「見返りを期待しない」ということが「クリエイティブ」につながる
・チャンスは人に乗ってやってくる
・「将棋部屋という場の提供」=「しくみ」を作る
・「ハブ」と「コネクター」では、同じ「顔が広い」といっても交流している人たちの種類が違う
→コネクター人材は、普段は交わることのない人たち同士をつなげ、組み合わせの効果を引き出す
・「パワーディナー」の男女比は6:4が最も盛り上がる
・「情報を発信する」ということは、自分がその情報の中心にいる
・100人くらい参加者のいる異業種交流会で、気の合う人が1人いれば超ラッキーという程度
・紹介されるのにふさわしい基準は「特定の業界や分野で成果を出している人」「一緒にいて心地よい人」「顔が広い人」
・「頼みごとをしやすい人」の第一想起を目指す


●千葉さんの本に、土井英司さん「伝説の社員になれ!」(草思社)の「5%ルール」(と僕が呼んでいる)が引用されていたけど、僕もこの話は大好きで、あちこちで引用してます。


「ハブ」と「コネクター」の違いは、非常に参考になった。
確かに、新たな価値を生み出すには、全く接したことがないものをつなげることが必要ですからね。
これから、意識します。


「株価チャート実践帳」
トレンドラインの引き方、トレンドラインと出来高、ローソク足の関係、利益確定の基準などを88の練習問題で学ぶ本。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
ブログも今回で100回目。これからもペースを守って継続!
今後は、もっとマニアックな本に挑戦予定。

※村井の最新【オモテ】ブログ「うまく説明できません。」
↓↓
http://blog.miracli.jp/murai/2008/10/07.html#004020

投稿者 むらい : 2008年10月05日 20:39 

トップへ戻る 2008年、のこり3ヶ月の挑戦 【第100回】「出逢いの大学」「株価チャート実践帳」 書評ブログは何を目指しているのか? カテゴリ:raiのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/112

ビジネス速読実践者ブログTOP » 村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

▲このページのトップへ戻る