村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

【第124回】「組織戦の時代」「功なき者を活かす」 このエントリーを含むはてなブックマーク 

僕には今まで、人生を賭けて世の中に広めたいと思えることがありませんでした。
でも、最近、その種みたいなものが見えてきました。
それは【働きながらできる投資法】
世の中には、大学に進学したい、起業したい、結婚したいなど、人生に変化を起こそうとしているけど、その手段としてのお金が無い、という人がいるはず。
僕は、そんな前向きに生きる人に、手段を与えることができるんじゃないか?と本気で考え出し始めています。
それをするためには、まず僕が成果を出さないと始まりません。
自分が決めた利益目標をクリアしたら、本気で考えてみようと思います。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【タイトル】
「組織戦の時代」(野村克也氏著;朝日新聞社)
「功なき者を活かす」(野村克也氏、筑紫哲也氏著;光文社カッパブックス)


【考えたこと】
一時期、日本社会で成果主義がもてはやされたが、これは個人個人の成果を評価するため、個人プレーに走りがちになってしまう弊害を生む、ということを見聞きしたことがある。
でも、日本企業が力を発揮したのは、チームとしての総合力だった。
チームとして、力を発揮するには、4番バッターだけではなく、小技ができる、足が速いなど、多様な人材を活かすことが必要。
だから、性別、学歴、性格など、目的に応じて多様な人材を適所に配置しなければならない。


残る問題は、この多様な人材を指揮できる人材(監督)がいるかどうか?ということ。
日本人でこんな教育を受けたサラリーマンはいるのか??
こんな能力を身につけるには、実践・実戦しかないけど、そんなセミナーも多くない。
この分野でも、僕が価値を提供できる可能性がありそう。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【短期的日経平均株価予想】
日経平均のチャートは上昇トレンドを描いていますが、気がかりなのはニューヨークダウの三角持ち合いぶり。
8000ドルを超えてくれば、日経平均同様、上昇トレンドですが、8000ドルで頭打ちになると、下振れの可能性が高いのではないか?
まずは今日7日(火)のニューヨークダウが7800ドルをキープできるか、要チェック。
キープすれば、日経平均も下げても8300円まで。
あとは、上の壁を突き破れるかどうかがポイントになってくる。

投稿者 むらい : 2009年04月08日 00:04 

トップへ戻る セミナーフリカエリ 【第124回】「組織戦の時代」「功なき者を活かす」 シールでモニタリング カテゴリ:raiのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/217

ビジネス速読実践者ブログTOP » 村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

▲このページのトップへ戻る