村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

【第129回】「営業マンは断ることを覚えなさい」「営業マンは断ることを覚えなさい 戦術・戦闘編」 このエントリーを含むはてなブックマーク 

最近、新規事業のことで上司と議論することが多くなっています。
そこで思うのは、他人を説得する場合、表現の仕方で感情面に働きかけること以外に、組み立てた理論がどういうものかがとても大事だということ。

議論をするなかで、「なるほど!」と唸らされる理論を考えてみたところ、
・シンプル
・美しい
・人間の本能(欲)や自然の摂理に根ざしている
などがあるようです。

間違いなく言えるのは、理屈上正しそうでも「何か違うな」「違和感がある」という理論は説得力を持たないということ。発言者が「これだ!」と思えるまで徹底的に考え抜かないと、周囲の説得は覚束ないですね。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【タイトル】
「営業マンは断ることを覚えなさい」(石原明氏著;三笠書房)
「営業マンは断ることを覚えなさい 戦術・戦闘編」(石原明氏著;明日香出版社)


【考えたこと】
今週から、障害者の商品を紹介するニュースレターをリニューアルします。
リニューアルにあたっては、ニュースレターのコンサルタントの方に指導をいただきました。自分の似顔絵をプロに書いていただきました。内容もつめすぎないようにし、活用しやすい商品に特化して紹介することにしました。

これで、以前より成果が現れると確信していますが、成果が出なければ、出るまで改良し続けるつもり。ここは絶対に譲れない。

無理に買ってもらおうとしなくても、情報を与えるだけで購買意欲は高まる。であれば、営業経験ゼロの僕でも、工夫次第で買ってもらえるはずなので、証明したい。(リニューアル前は、1ヶ月12万円の案件を受注。年間では150万円弱とはありがたいこと。)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

【短期的日経平均株価予想】

前回も書いたように、今の株価は上昇傾向で、2ヶ月前後で日経平均が11000円まで上がると推測しています。そして、今のところシナリオどおり株価が推移しているので、心安らかに過ごせて本当に幸せ。蒔いた種が育つのを、慌てずに待つことにします。

ただ、11000円前後まで上がった後は、またまた先行き不安の話で持ちきりになるんじゃないか?このまま回復し続けるとは全く考えていません。

投稿者 むらい : 2009年05月21日 01:26 

トップへ戻る 初セミナー準備 【第129回】「営業マンは断ることを覚えなさい」「営業マンは断ることを覚えなさい 戦術・戦闘編」 セミナー&レッスン カテゴリ:raiのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/252

ビジネス速読実践者ブログTOP » 村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

▲このページのトップへ戻る