村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

【第149回】「バカでもわかる思想入門」「日本の決断」 このエントリーを含むはてなブックマーク 

今、僕は劇的な変化の真っ只中にいます。


最近の僕のブログを見てください。ここ数週間、日経平均株価の動きをドンピシャ当てています。
「動きが読めている=投資に成功している」わけで、お金のステージが明らかに数段上がって、
人生のスピードがビュンビュン速くなったのが鮮やかに感じられるようになりました。


僕は今、‘成功曲線’(石原明さん「『成功曲線』を描こう。」(大和書房)をご参照ください)の角度が
大きく上向き始めている現実を生きている。。。


僕が決めたことは必ず実現するとはわかっていましたが、こんなに早く実現するとは、正直ビックリ。
人生の選択肢が広がってきました。今からの人生、どんどん攻めていきます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【タイトル】
「バカでもわかる思想入門」(福田和也氏著;新潮社)
「日本の決断」(福田和也氏著;角川春樹事務所)


【考えたこと】
「バカでもわかる思想入門」は、村井でも興味を持てる内容に仕立て上げられてました。
章ごとに出てくる強烈なキャラクターと福田さんが対話する形式で進んでいきますが、
それが面白いのなんのって!読みながらニヤニヤしてました。


この本の素晴らしいところは、単に思想がわかるというだけでなく、偉大な思想家の思想が
現代社会にどれほど大きな影響を与えているかがわかるということ、僕らは偉大な先達の
影響下にあるのかがわかるということ。


「恒産なき者は恒心なし」(孟子)
「現在における強さや幸福をやましく思わず、満喫すべきだ、祝福すべきだ」(ニーチェ)
「現代人のおしゃべりは(中略)不安からの逃避であり、つまりは存在忘却の典型的なあらわれ」(ハイデッガー)
は、特に心に響きました。


また、「日本の決断」で、戦後民主主義には「『決断』と『責任』というものが、徹底的に欠けている」
と論じられているのは身に覚えがある・・・武士はいなくなったのか。。。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【短期的日経平均株価予想】
先週の途中までは日経平均も下げ渋っていたので、金曜日に9100円を割るとは思ってもみなかったのですが。。。
ドバイショックと円高の波が一気に日本を襲いました。


今週は反発して始まりましたが、9500円を回復するかどうかのところで、押し戻されそう。
その後は9000円をキープできるのか正念場です。

投稿者 むらい : 2009年12月01日 01:05 

トップへ戻る 心を亡くす前に見積もり&仕訳! 【第149回】「バカでもわかる思想入門」「日本の決断」 どうフォーカスし、どうメモするか カテゴリ:raiのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/355

ビジネス速読実践者ブログTOP » 村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

▲このページのトップへ戻る