村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

【第17回】メンタルヘルス・マネジメント検定試験 このエントリーを含むはてなブックマーク 

 こんばんは。

 さて、昨日は、中高生の保護者を対象に【子供の就職に関心を持ってもらう】イベントを開催しました。


 そのイベントは、「パネルディスカッション」と「ダニエルカールさんの講演」の2部構成で、村井は、主催者挨拶を担当。ちょっと緊張したかな?


 改善すべき部分は多々ありましたが、とりあえず無事に終了したので、来週の【東京マラソン】に向けて、気持ちを切り替えよ〜っと!!


 それでは、今週の(ちょっと変わった)読書日記です。

-------------------------------------------

【タイトル】
 「メンタルヘルス・マネジメント検定試験公式テキスト ラインケアコース」(大阪商工会議所編;中央経済者)


【内容】
 大阪商工会議所が実施する「メンタルヘルス」の知識や方法を問う試験のテキスト。NHKの朝の全国ニュースでも取り上げられたほど、関心が寄せられている試験で、2回目の試験が3月にあります。


【本を選んだ理由】
 若者の就職支援施設「フレッシュワーク長崎」のメンバー皆で受験しよう!と約束したため。現代は、精神的に病んでいる人や、その可能性がある人は少なくないから、勉強して損はないでしょう。


【速読など】
 今回は、ちょっと微妙。

 いつものように、まず15分で一通り見て、その後、1時間くらいかけて、細部を読み直しました。

 ただ、いつもなら、「自分が知りたい情報」を収集しながら読めば済みますが、今回は、試験官の基準に合わせて、(あまり知りたくない部分も)覚えなきゃいけないですからね。。。

 今日は、全体構成を見ただけ、という感じで、受験までに詳細を確認しなきゃいけないです。

-------------------------------------------

 【試験対策】となると、いつもの読書日記のようにはいかないですね〜

 勉強していくなかで、発見などがあれば、書き込んでいきたいと思います。

 読書だけじゃなく、来週日曜日の【東京マラソン】も頑張るぞ!!

投稿者 むらい : 2007年02月12日 21:13 

トップへ戻る 【第16回】コミュニケーションのための催眠誘導 【第17回】メンタルヘルス・マネジメント検定試験 【第18回】「勇歩」と私とラジオな人々〜ごうまなみのスッピントーク〜 カテゴリ:raiのトップへ

コメント

 おはようございます〜。

 中高生の保護者に就職を考えてもらう、ですか。そういう取り組みは必要でしょうね。できれば学校とタッグを組んでやってくださいね。(^^)

 私が中学校で進路指導主事をやってた時は、毎月の進路ニュースで高校進学だけではなく、大学・専門学校の現状とか就職についても採り上げていました。その時は、意識の高い親からは、かなり感謝されました。

 私は高校教師、予備校講師の経験があったんで、高校より上の進路についての情報を持っていましたが、普通の中学校の先生は「高校入試」で情報が止まってしまっているんで、なかなか遠い未来まで見通した進路指導ができないっていう部分もあるんですね。もちろん、就職については指導するはずなんですが(職場体験も盛んですし!)、どうもリアルではないっていうか、中学校と仕事ってのが、1つの道の上につながっていないというか・・・。

 まぁぜひ、日本の未来のためにもがんばってくださいね。

 あと、試験についてはぜひぜひ超効率学習マニュアルの内容を活かしてみてくださいね。「これは!」と思うことは「これは?」と思うことがあればお尋ね下さい!

 では〜。
●●

投稿者 てら : 2007年02月13日 12:33

 寺田先生は教師をされていらっしゃったから、進路指導はエキスパートですよね。

 生徒と話しても、自分の体験でも感じることですが、学校と企業の距離が余りにも遠すぎます。
 学校では、「同い年」でのみ付き合い、「ペーパーテスト」で評価される。
 でも、社会では、いろんな年代の人と一緒に物事を作り上げることが評価される。

 確かに、基礎学力を身につけることは大切なんですけどね〜、それにしても・・・

 試験のことは、随時書き込みますね。

投稿者 村井 : 2007年02月13日 22:06


ビジネス速読実践者ブログTOP » 村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

▲このページのトップへ戻る