村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

【第18回】「勇歩」と私とラジオな人々〜ごうまなみのスッピントーク〜 このエントリーを含むはてなブックマーク 

 こんばんは!村井です。

 今日は、初の中2日での更新です!
 著者への敬意を込めて・・・

-------------------------------------------
【タイトル】
 「『勇歩』と私とラジオな人々〜ごうまなみのスッピントーク〜」(ごうまなみ氏著;長崎新聞社)


【内容】
 長崎では知る人ぞ知る、名ラジオパーソナリティ【ごうまなみ】さんの自叙伝。
 就職、結婚、出産、離婚、再就職、そして今・・・

 ごうさんと息子の勇歩くんが、ハンデと一緒に生きていく心境の変化や一生懸命な姿は、僕の人生を改めて考えさせてくれました。(ちなみに、帯は、さだまさしさんが書いていらっしゃいます。)


【本を選んだ理由】
 ごうさんには、2月11日(日)の中高生の保護者を対象にしたイベントの司会進行とパネルディスカッションのコーディネーターの重責を担っていただきました。本当にありがとうございました!

 遅ればせながら、ごうさんのことを、もっと知りたいと思ったので。


【速読など】
 40分で2回読了。2230文字/分程度。
-------------------------------------------

 ごうさんが出演されるラジオ番組からは、本に書かれた内容を想像することは全くできません。明るく、元気なので。。。

 本から読み取れるごうさんの心の中は、本当に自然体で、肩肘張るところが全くありません。

 今の心境に至るには、たくさんの葛藤があったのでしょう・・・

 また、本には、ラジオ番組のパートナーの村山アナが画かれた絵があるのですが、表情が本当に素晴らしい。ごうさん親子のことを心から愛していないと、あんな表情は描けないでしょう。

 絵から想像できる村山アナの優しさには、涙腺がゆるみます。


 この本に接する機会はなかなか無いと思いますが、特に長崎在住の方で、ごうさんのラジオをお聴きの方には、是非読んでもらいたいです。

投稿者 むらい : 2007年02月15日 18:35 

トップへ戻る 【第17回】メンタルヘルス・マネジメント検定試験 【第18回】「勇歩」と私とラジオな人々〜ごうまなみのスッピントーク〜 【第19回】若者はなぜ3年で辞めるのか? カテゴリ:raiのトップへ

コメント

ご紹介ありがとうございます。

あらためて、この本書いてよかったなと思わせていただきました・・・

もう書店からは引き上げてしまったのですが、私の車には300冊乗っています(笑)

本当にお世話になりました。ありがとう。

投稿者 ごうまなみ : 2007年02月23日 15:03

ごうさん、書き込んでくださったんですね!!うれしい!!ありがとうございます!!

今日、ごうさんが帰られた後、職場では「意外と若い!」「素敵な方ね☆」などと盛り上がったんですよ(^^)

またお仕事ご一緒できることを信じています!!
ごうさんのブログにも書き込みをさせていただきますね。

投稿者 村井(長崎) : 2007年02月24日 01:03


ビジネス速読実践者ブログTOP » 村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

▲このページのトップへ戻る