村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

【第20回】リクルートのDNA このエントリーを含むはてなブックマーク 

 こんにちは。今日は本当に暑い!

 先日、異動の内示がありました。

 村井も4年間過ごした「雇用労政課」を卒業し、「障害福祉課」に移ることになりました。


 この4年間は、

〈事業の立ち上げと運営〉、〈多くの人との出会い〉、〈資格の取得〉、〈ラジオのパーソナリティ〉、〈フルマラソン完走〉、〈この読書ブログ〉

など、本当にいろんなことに挑戦することができ、充実していました。

 少しは成長できたかな。

 次の部署でも、公私ともに充実させます!

-------------------------------------------
【タイトル】
 「リクルートのDNA」(江副浩正氏著;角川oneテーマ21)

【内容】
 リクルート(以下「R社」)の創業者である江副さん(R社では、社長でも「さん」付けで呼びます)が、

「R社の立ち上げから現在まで」「R社の社風と取り組み」「起業に必要なこと」などを綴っています。

【本を選んだ理由】
 R社の人間にとって、江副さんは偉大過ぎる存在です。

 江副さんのことは、村井は直接は存じ上げませんが、僕が知っている偉大なリクルートの人が全て、江副さんのことを「すごい人だ」と評していました。

 たった1年間、しかも派遣研修生としてですが、R社で、R社の仲間と一緒に働いた村井としては、江副さんの本を読む【使命】があると思いました。

【速読など】
 非常に読みやすい本です。サラッと全体を【10分×2回】。
 その後、じっくりと【40分】で読み上げました。

-------------------------------------------
江副さんの著書は初めて読みました。

非常に興味深かった反面、「こんなもんかな?」という気もしています。


僕がR社に在籍した時に、

「リクルートという奇跡」(藤原和博氏著)
「iモード以前」(松永真理氏著)

を読んだときの【衝撃】は、言葉にならないもので、「こんな会社にいる自分は幸せだ」と感動していました。


個人的には、もう少し、〈R社のスピリット〉のようなものに触れて欲しかったと思いましたが。

(感動しないくらい、R社の考え方が身についている証拠だとすれば、大したものですが)

R社出身の先輩達にも、感想を聞いてみたいと思います。


それでは、また!

投稿者 むらい : 2007年03月25日 15:19 

トップへ戻る 【号外3】メンタルヘルス検定試験〈結果〉 【第20回】リクルートのDNA 【第21回】図解よくわかる障害者自立支援法 カテゴリ:raiのトップへ

コメント

 お〜、異動ですか。それはまた4月からバタバタしてしまいますね。

 ぜひ、生活全体をマネジメントしていって、成長する取り組みを続けていってくださいね。まぁ無理する必要もありませんので、ぼちぼちってことで。(^^)

 では、また〜。
●●

投稿者 てら : 2007年03月26日 19:09

 忙しくなりますね。速読の方もブレイクスルーした感じしますがいかがですか?

投稿者 情熱小島 : 2007年03月27日 15:33

 書き込み、ありがとうございます!

 「ブレイクスルーした」かどうかはわかりませんが、【本を読むことに対するパラダイム】(「最初から、丁寧に読まないと、読書したことにはならない」「読書は1回で良い」など)は完全に転換できたので、ステージは上がったかな?という気はします。


 あと、先日受けた検定試験対策や、来週から異動する部署での基礎知識収集(「障害者自立支援法」について)などは、せっぱ詰まっている分、非常にいいトレーニングになっていますね。

 もっともっと向上していきたいです(^^)

投稿者 村井 : 2007年03月29日 01:52


ビジネス速読実践者ブログTOP » 村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

▲このページのトップへ戻る