村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

【第28回】さおだけ屋はなぜ潰れないのか? このエントリーを含むはてなブックマーク 

 今日は週に1回のボクシングの練習日。

 練習を始めたのが33歳の時だから、もう2年半以上。(30歳過ぎてから始めた習慣は、長く続いてるのが多い(^^))

 少しずつ上達していって、遂に今日、トレーナーのミットに打ち込んだワンツーは、今までで1番の手ごたえでした!

 満足いくワンツーが打てるようになるまで2年半以上かかったけど、35歳でもやる気さえあれば上達することがわかって、とても嬉しいです♪

-------------------------------------------
【タイトル】
 「さおだけ屋はなぜ潰れないのか?」(山田真哉氏著;光文社新書)

【内容】
 会計のことを分かりやすく書いた本。

 ・【利益を出す】には、売り上げを増やすか、費用を減らす
 ・相乗効果を生み出す複数の事業を行う【連結経営】
 ・【在庫】の問題点
 ・完売したら怒られる【機会損失】
 ・単価より売り上げ個数に焦点を当てる【回転率】
 ・お金の出入りを示す【キャッシュフロー】

 などが説明されている。

【本を選んだ理由】
 この前、先生の沖縄のお弟子さん?がこの本の感想をブログに書いていらっしゃるのを見て、面白そう!と思ったので。(確か、15分くらいで読了されてたはず。。。)

【速読など】
 ・1回目は、理解度C(−)で通読。(10分間)
 ・2回目は、理解度B(−)で通読。(60分間)
 ・最後に、5分で通読。(結果的に理解度B(+))

 最初読んだときは「難しいな」と思ったものの、3回目は「著者が主張したいことは、これとこれだ!」と整理ができました。

-------------------------------------------
 この本では、「50人に1人が無料!」「人脈を回転率で考える」など、会計の視点を活かした個所は、特に興味深かった。


 視点がたくさん出てくると、アイデアや仮説、選択肢がどんどん増えていきますね☆


 山田さんの他の本も読んでみます。

投稿者 むらい : 2007年05月20日 23:00 

トップへ戻る 【第27回】5%の人を動かせば仕事はうまくいく 【第28回】さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 【第29回】「成功曲線」を描こう。 カテゴリ:raiのトップへ

コメント

 ども。ボクシングもすごくいい感じで続けていらっしゃるようですね。素晴らしい!見習わなくては・・・(^^;

 さてさて、山田真哉さんの新作もなかなか興味深いですよ。サラッと読んで30分を目指したいところですね。メリハリを付ければ十分にいけると思いますよ。(今回の本も。)

 では〜。
●●

投稿者 てら : 2007年05月21日 12:24


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/21

ビジネス速読実践者ブログTOP » 村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

▲このページのトップへ戻る