村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

【第29回】「成功曲線」を描こう。 このエントリーを含むはてなブックマーク 

 今日は競馬の「日本ダービー」が開催されました。とてもいい天気で良かったですね。

 優勝したのは、牝馬の「ウォッカ」号。
 牝馬がダービーを制覇したのは、64年ぶりだそうです。


 僕もウォッカが勝つのは、かなり難しいだろうと予想していましたが、不可能なことではなかったんですね。


 ダービーに挑戦しようと決めた陣営、順調に調整した関係者、そして完璧に乗った四位騎手には、頭が下がります。

-------------------------------------------
【タイトル】
 「『成功曲線』を描こう。夢をかなえる仕事のヒント」(石原明氏著;大和書房)

【内容】
 仕事などで夢を実現させるために、必要なことを教えてくれている。

 ◆潜在意識に目標をインプットする
 ◆「習慣」=「意識の深さ」×「反復」
 ◆「成功曲線」による目標達成
 ◆行動すれば、次の現実
 ◆時間経営が上手な人は、感情のコントロールができる
 ◆達成イメージを脳が誤解するくらい具体的に描く

 僕が今までに読んだ自己啓発の本では、主に夢を描く部分にスポットが当てられており、実際の行動までは、なかなか変えられませんでした。

 でも、この本を読んで、目標の持ち方と、目標を達成する具体的な行動にどう取り組むかが心の中にストンと落ちていきました。

【本を選んだ理由】
 先生のお勧めの本だったから。
 実際に読んでみて、僕も人に勧めようと思いました。

【速読など】
 ・先週月曜に、理解度C(−)で通読。(10分間)
 ・同じく木曜に、理解度Cで通読。(10分間)
 ・今日(日曜)に、理解度Bで通読。(30分間)

 「理解度を低くしても、潜在意識が何とかしてくれるのかもしれない」、と期待して、空き時間で本に目を通してみました。

-------------------------------------------
 夢は漫然と毎日を送っているうちに突然かなうものではなく、日々の努力の積み重ねが土台となる、という当たり前のことを、やってみたい!と思わせてくれる本でした。


 著者の石原さんは、間違いなく誠実な方でしょう。


 早速、この本を読んで、1つの目標を立てました。


 今年は、必ず【100冊】の本を読んで、潜在意識を活性化させ、曲線を描きます。

投稿者 むらい : 2007年05月27日 22:48 

トップへ戻る 【第28回】さおだけ屋はなぜ潰れないのか? 【第29回】「成功曲線」を描こう。 【第30回】今すぐ使える!コーチング カテゴリ:raiのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/22

ビジネス速読実践者ブログTOP » 村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

▲このページのトップへ戻る