村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

【第38回】謎とき日本近現代史 このエントリーを含むはてなブックマーク 

 ちょっとご無沙汰のブログです(^^;)

 この1週間、自分自身の読書のあり方について考えてみたところ、やっぱり、身近にいろんなヒントがあって。。。


 まず、今までに読書をしたなかで、「成長したな〜!」って実感があったときを思い出してみると、


 @20歳で読書を始めた時、西部邁氏の著作だけを読み漁ったとき
 A20歳代後半で哲学書(現象学など)を気に入って読んだとき

 この2つを思い返してみると、テーマ(著者or内容)を絞ってるし、自分が必要だと思った内容なんですよね〜


 もう1つのヒントは、最近購入した石井裕之さんの「コールドリーディング」セミナーDVDです。(仕事から帰って、夜に見てますが、これがまたモデリングすべき点が多い!)


 DVDでは、石井さんがコミュニケーションの実演をしており、これは本ではなかなか伝えにくい。(だからこそ、石井さんの商品のなかでも売れているようです)


 何を言いたいかというと、スキルや知識を身につけたいとき、別に読書にこだわらなくてもよいというか、

 読書以外の手法もある

 ってわけで、最適な方法(読書、専門家にきく、セミナーを受ける、ネットで探すetc.)を使えばいいってそれだけなんだということ。


 だから、僕は、読書が情報収集の最適な手法となるテーマを読んでいけばいいんだ!ということがわかった(というか、今までも頭ではわかってたので、「実感できた」が正確かな)わけです。


 なので、早速、そのテーマの本を選んで、読んでみました☆

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【タイトル】
 「謎とき日本近現代史」(野島博之氏著;講談社現代新書)

【この本を選んだ理由】
 この何年か(少なくとも5年間以上は)、

  ●鎖国していた日本が、なぜ欧米と渡り合えたのか?
  ●なぜ太平洋戦争に負けたのか?
  ●その戦争での天皇の戦争責任は?(どんな責任かにもよるけど)

 について、知りたいと思っていたので。

 自分なりに納得いくまでこのテーマを追っかけていきたい。

【本を読んでわかったこと】
 過去を非難するのは簡単なことだけど、果たして、自分が当事者なら、どう行動できたのか?

 これを抜いてしまうと、単なる無責任な評論家になってしまい、歴史から学ぶことができない。

 例えば、井上準之助蔵相の政策で、昭和の大恐慌がおこったとされているが、今の経済人がこの当時にタイムスリップしたとして、経済の舵取りが上手にできるか?というと、可能性は高くないと思う。

 今、僕らが直面している状況に臨むとき、当時のことは参考になると思うし、しなければならないと感じる。

【読書スピード】
 約200ページの新書で2時間。(下読み含む)

 やはり、スキーマがないので、読むのは難しい。(付せんだらけ)

 しかも、記憶の定着は、これだけでは怪しいので、繰り返さないと。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
 読書について悩んでいた時、いいタイミングで誘ってくださる方がいたり、リクルート時代の先輩と食事する機会があったり、

 やっぱり、僕は運がいい!!!

 いろんな示唆をいただいたので、機会があれば、紹介したいですね。

投稿者 むらい : 2007年07月19日 07:42 

トップへ戻る 【第37回】入門!論理学 【第38回】謎とき日本近現代史 【第39回】昭和史の教訓 カテゴリ:raiのトップへ

コメント

 ども!

 哲学してますね〜。(^^)

 そして、きちんと答えにたどり着いているところあたり、さすが!!

 それにしても、大胆にジャンルを変えましたね。

 たしかに、しっかりと理解しようと思えば、1.5〜2時間は必要でしょうね。

 なにはともあれ、新しいステージ到達、おめでとうございます!
●●

投稿者 てら : 2007年07月19日 22:26

村井さん!
ご無沙汰しています。
ジョブカフェ愛work時代にお世話になったやまかわです。

東京に戻ってから時間ができたので、速読コースに申し込み、村井さんにまた線がつながりました。びっくりです!
さっそく、私のブログのブックマークに入れさせていただきました。

それにしても、村井さんとは、会議でちょっとお目にかかるくらいのお付き合いでしたが、ブログを通じて人間村井さんを垣間見れました。すごいなー!

これをご縁に今後ともよろしくです。

投稿者 やまじゅん : 2007年07月20日 17:33

 寺田さん、やまかわさん、ありがとうございます(^^)

 こんな繋がり方があるとは・・・本当に嬉しい♪♪♪


 やまかわさんは、国、県庁の窓口になりながら、10数人の組織を運営された、超優秀なプレイングマネージャーだから、速度もすぐに上達するでしょうね〜(^^)


 今後も、キャリアのことだけでなく、速読なども含めて、情報交換させてくださいね!!!

投稿者 村井 : 2007年07月21日 22:40


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/31

このリストは、次のエントリーを参照しています

【第38回】謎とき日本近現代史】>>世間は狭い! 速読セミナーに申し込んだら・・・。
from ライフキャリアアドバイザーのお気楽日記
愛媛での3年弱は、怒涛の3年間。ワークライフバランスの取りようもなく、仕事漬けの日々。東京に戻って、時間の自由が利くようになったので、いろいろなセミナーや勉強会に顔を出して情報収集に努める日々。情報処理のスピードを上げたくて、前から気になっていた速読セ... [続きを読む]

トラックバック時刻: 2007年07月20日 18:04

ビジネス速読実践者ブログTOP » 村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

▲このページのトップへ戻る