村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

【第45回】ホワイトカラーは給料ドロボーか? このエントリーを含むはてなブックマーク 

寺田先生のブログ「1時間で10冊読んでみた」、興味深かったですね〜
↓↓
http://sr20.iza.ne.jp/blog/entry/292535

限界に挑むことで、「TPOに応じた読書」の勘所がわかるというのは、理解できるし、本当は僕もチャレンジしなきゃいけないと思っています。。。


ところで、いつも気になってた「バイト君」とは、去年9月の速読セミナーを受講した大学生の男の子(ごめんなさい、お名前を失念してしまいました)ではありませんか?

1週間で、どう変わるのか、楽しみにしています☆
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
【タイトル】
 「ホワイトカラーは給料ドロボーか?」(門倉貴史氏著;光文社新書)

【この本を選んだ理由】
 今の僕の学習テーマの1つ、「キャリア」についての内容の本。

 最近は、「キャリア」「コミュニケーション」「歴史」の本を順番に読んでっていますが、飽きっぽい僕にとっては、非常に心地よいスタイルです。

【本を読んでわかったこと】
 ●日本の全就労者に占めるホワイトカラーの割合は、30%未満(1953年)→50%超(2006年)

 ●日本のホワイトカラーの生産性は、他国と比べて低いと言われている
  →「闇労働」や、サービス業の労働生産性の計測困難さを考慮し、既存統計を加工してみると、低いとは言えない。

 ●ブルーカラーの労働生産性の分布は、平均値近くに固まるのに対し、ホワイトカラーの場合、ばらつきが大きい。
  →両者の業務内容の違いのため。

 ●日本に「ホワイトカラー・エグゼンプション」を導入する場合、欧米と同様、労働市場の流動性を大きくすることと、客観的な能力評価の仕組みを作るという条件が必要。
 →そうでないと、サービス残業の問題が大きくなる。

 ●経済がグローバル化しているため、日本の労働者は積極的な自己投資が不可欠。

【読書スピード】
 ●目次を読んだ後、章ごとにサーッと目を通した後、その章を熟読。
 ●読書スピードは、【1250文字/分】。理解レベルとスピードのバランスは、今の僕の条件からすると、まずまず。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

 今週から、読書スピードをストップウォッチで計測し始めた(今までは時計でアバウトに)んですが、これは効果大!時間を強く意識できるようになりました。

 この調子で、読書の時間は楽しくしたいですね☆

投稿者 むらい : 2007年09月09日 22:24 

トップへ戻る 高速道路効果で速読?2 【第45回】ホワイトカラーは給料ドロボーか? 高速道路効果で速読?3 カテゴリ:raiのトップへ

コメント

 ども〜。

 バイト君は、まさにその彼ですよ。(^^)

 彼は、その後6日間レッスンも受講して、1日1冊の読書をこなすなどパワーアップを図っています。(まぁまだまだ学生なんで、その技術を使いこなすには至っていませんが。)

 村井さんもTPOを明確に意識した読書を、ぜひ実行してくださいね。ストップウォッチの代わりにタイマーを使うと効果大ですよ!(^^)
●●

投稿者 てら : 2007年09月10日 04:54

バイト君は、イサさんでしたか!

僕の学生時代と比べて、何と意識の高いことか!
wizliで交流させていただこうと思います。


ところで、ブログの移設はOKです!
詳細が決まったら、ご連絡くださいね☆

投稿者 村井 : 2007年09月11日 23:45


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/38

ビジネス速読実践者ブログTOP » 村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

▲このページのトップへ戻る