村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

【第53回】脳が冴える15の習慣 このエントリーを含むはてなブックマーク 

今日は大学生のI君と昼食。
わざわざ福岡から長崎まで来てくれました。

僕らがまともに話すのは初めてだったものの、就職活動の話から、読書、日常生活に至るまで、あっという間の3時間でした。

自分のことを話すのは、僕自身の振り返りにもなるんです。
また、I君の発言で気づかされたり、考えさせられたりと、刺激的な時間でした。

僕の話で役立つなら、いつでも時間を作ります。
あなたの行動力には惚れ惚れしました(^^)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【タイトル】
 「脳が冴える15の習慣」(築山節氏著;NHK出版)


【この本を選んだ理由】
 土井英司さんやアマゾンの書評で、余りにも評価が高かったため、立ち読みしたところ、ゾクゾクする内容だったため、速攻で買いました。


【本の内容と、読んでわかったこと】
 ・歩いたり、口を動かすことで、脳に血液が巡るようになる
 ・脳の基本回転数を上げるには、時間の制約が必要
 ・記憶の定着や、思考の整理は、寝ている時間が進む
 ・前頭葉の主要な活動は、「選択」「判断」「系列化」
 ・前頭葉の体力が落ちると、感情系の要求が強くなり、ダラダラ過ごす時間が増える
  →身の回りの雑用を片付けることから改善
 ・取り組む問題を限定し、集中できる環境を作る
  →机を片付ける、頭ではなく書いてみる
 ・パソコンやテレビを見続けると、目を動かさないため、物忘れが多くなる
 ・たとえ話をする人はボケにくい

 ●脳の機能やその高め方について、具体的に書かれた良書で、今年読んだ本の中ではダントツNo.1!
 ●書かれていることで、思い当たるケースがたくさんあったため、あまり人に本を勧めない僕も、こればかりは父や同僚に勧めた
 ●社会人や学生問わず、成果を出したい人や、よい人間関係を気づきたい人は必読!

【読書スピード】
 目標:1時間
 →1時間10分で読了→【1500文字/分】
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今回の本は、今まで以上の成果を出したい人には、絶対おススメです!!!

長崎県庁の全職員にも読んでもらいたい。
そうすれば、費用対効果が数割はアップし、みんなが幸せになれるはず。

投稿者 むらい : 2007年11月04日 22:29 

トップへ戻る 【第52回】レバレッジ勉強法、ビジネスマンのための「発見力」養成講座 【第53回】脳が冴える15の習慣 【第54回】「夢をかなえるゾウ」「ウケる技術」 カテゴリ:raiのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/54

ビジネス速読実践者ブログTOP » 村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

▲このページのトップへ戻る