村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

【第54回】「夢をかなえるゾウ」「ウケる技術」 このエントリーを含むはてなブックマーク 

前回取り上げた「脳が冴える15の習慣」は、土井英司さんのメルマガでも1位になってました。
あの土井さんも1位にするほどの本、必読です!!

そして、今週も良い本にめぐり合いました。
これから部下を持った時や、自分自身の成長が怪しくなった時に、何回も読み返したい本です。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【タイトル】
 「夢をかなえるゾウ」(水野敬也氏著;飛鳥新社)
 「ウケる技術」(小林昌平、山本周嗣、水野敬也各氏共著;オーエス出版社)


【この本を選んだ理由】
 ●「夢を〜」は、著者のコメント(アマゾンより引用)
 「『成功法則書を読んでも人が成功しないのはなぜか?』世の中にはこんなに多くの成功法則書、ビジネス書があふれているのに、成功者が増えたという話は聞いたことがありません。」
  にグイッと惹かれてしまったため。ここまで書かれたら、「どんなもん?」と半信半疑だったんですが・・・スゴイ、スゴ過ぎる!!

 ●「ウケる〜」は、「夢を〜」で水野氏の本をもっと読みたいと思ったため。


【本の内容と、読んでわかったこと】
 ●「夢を〜」は、本の末尾の「ガネーシャ名言集」に譲って、僕が気に入った部分を。
  ・お金持ちに「なる」のは、みんなを喜ばせたい人、お金持ちに「なりたい」人は、自分を喜ばすことばかり考える人
  ・自分が決めたことを実行し続けるためには、そうせざるを得ない環境を作ること
  ・世界を支配している法則を学んで、自分の考え方をその法則に合わせる
  ・期待は、感情の借金。まだ苦労してないのに、成功するかも、という「高揚感」を前借りして気持ちよくなってるだけ
  ・やりたいことを見つけるには、「考える」ではなく「体感する」
  ・みんなが、僕の夢を聞きたい!と思えることが理想的

 ガネーシャは、僕が(多分、他の人も)逃げていたことに向き合わせてくれた。

 人が変わろうとするときは、本を読んだり、人と話すだけでは不十分で、何かを捨てなきゃいけない。進学するときは故郷と別れ、就職するときは昼間で寝る自由と別れ、スキルを身につけるときは、テレビや友達と離れ・・・
 何かを失わずに、手に入れることはできないんだな。
 そして、成長が捨てる決意と一体な分、高揚感ではなく、もの悲しさがつきまとうのかな?
 小説という形をとれたからこそ、メッセージを強く受け取れた。 

 ●「ウケる〜」は、ビミョーな本(^^;)
  パーツで見れば非常に参考になったが、例はちょっとひいてしまった(現実離れした分、面白かったとも言える)

 2冊の本には、水野さんの人を喜ばせることへのこだわりが共通していた。


【読書スピード】
 ●「夢を〜」の目標:1時間30分
  →1時間40分で読了→【2044文字/分】
 ●「ウケる〜」の目標:1時間
  →50分で読了→【1870文字/分】(もっとスピードは遅かったかも・・・)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 2週連続、素晴らしい本と出会えて、本当に幸せです。
 水野さんといい、土井さんといい、若いのに能力がある人って、たくさんいるんですね〜

 最近、1回のブログで2冊の本を紹介していること、わかりますか?
 これは、僕が時間を作る工夫をし始めて、何とか成功しているから。
 これが続けば、今までの倍、成長できるかも!?

投稿者 むらい : 2007年11月11日 20:54 

トップへ戻る 【第53回】脳が冴える15の習慣 【第54回】「夢をかなえるゾウ」「ウケる技術」 【第55回】「短期間で組織が変わる行動科学マネジメント」「秘伝すごい会議」 カテゴリ:raiのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/55

ビジネス速読実践者ブログTOP » 村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

▲このページのトップへ戻る