村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

【第58回】販売員も知らない医療保険の確率 このエントリーを含むはてなブックマーク 

僕は競馬が大好きで、20歳のときから馬券を買い続けています。
残念ながら、トータルでは負けてるんですが、今年は一進一退で、プラスになる目処がたちました!
今年の競馬もあと2週間。数年ぶりに、年間黒字を達成します。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【タイトル】
 「販売員も知らない医療保険の確率」(永田宏氏著;光文社)


【この本を選んだ理由】
 最近、お金にまつわることに非常に興味があるから。現在、医療保険は入っていないけど、
家族の分も含めて、必要なのか?調べるため。
 今後は、資産運用のことも勉強するつもり。


【本の内容と、読んでわかったこと】
 ・すべての入院のうち、90%までが62日以内に収まっている
  →「入院」には、一般病床の他に、精神病床、療養病床が含まれる
  →平均入院日数は、一般病床が20.2日、精神病床が389日、療養病床は172日
  →精神や療養で平均値を大きく上げている
 ・一般病床の平均入院日数は、94年から04年にかけて4割も削減(35日→20日)された
 ・今後も医療政策(包括支払い制度など)により、更に短くなる傾向
 ・医療保険が医療の進歩に対応しきれず、ほとんど行われていない手術が保険の対象となったまま
 ・医療保険のパンフレットには、奇妙な例がたくさんある(「脳梗塞で90日入院し、開頭手術をうける」など)
 ・サラリーマンの場合、業務上の病気やケガは労災保険が適用され、自己負担はゼロ
 ・健康保険には高額療養費制度があり、自己負担が抑えられている
 ・平均寿命よりも少し長生きする確立の方が高い
 ・医療保険の配当率は、競馬を大きく下回る

 ●生保会社のビジネスの仕組みが理解できた
 ●お金に関することは、勉強した者勝ち
 ●普段から運動などをして健康に気を遣う僕は、医療保険に入る必要がないと判断した


【読書スピード】
 目標【1500文字/分】(91分)
 →実際【1560文字/分】(90分弱)
 目標スピードを上回れた!!
 改めて、速読が身に付いたことを実感☆(今のところは、このスピードで満足)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 お金のことは勉強しないと損してしまうことがわかり、本当に恐ろしい・・・
 もう少し勉強します。

投稿者 むらい : 2007年12月09日 22:25 

トップへ戻る 【第57回】広告コピーってこう書くんだ!読本 【第58回】販売員も知らない医療保険の確率 【第59回】「お金は銀行に預けるな」「『もうひとりの自分』とうまく付き合う方法」 カテゴリ:raiのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/60

ビジネス速読実践者ブログTOP » 村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

▲このページのトップへ戻る