村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

【第64回】「営業マンは断ることを覚えなさい〜戦術・戦闘編」「気絶するほど儲かる絶対法則」 このエントリーを含むはてなブックマーク 

仕事が徐々に進み始めています。
僕の仕事は、今後5年間で障害者支援施設を利用する方の工賃(収入)を倍増させる、というもので、今年はその最初の年なんです。

初年度ということもあり、事業の組み立てには、とても苦労しました。
しかし、たくさんの方からアイデアをいただき、ようやく事業がスタートしました。
その1つが、施設への週刊ニュースレターの発行。
これは、ブログなどの情報発信をしている僕には簡単にできて、しかも施設への情報提供、信頼関係の構築など、いいこと尽くめ。

長崎でこの取り組みを成功させて、全国に広げます。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
【タイトル】
 「営業マンは断ることを覚えなさい〜戦術・戦闘編」(石原明氏著;明日香出版社)
 「気絶するほど儲かる絶対法則」(石原明氏著;サンマーク出版)


【この本を選んだ理由】
 どちらも、今、とても注目している石原さんの本。
 障害者支援施設の売り上げを増やすためだけじゃなく、事業を進めるにあたって、必要なことが満載でした。石原さんの本は、全て読みます。


【本の内容と、読んでわかったこと】
 「営業マンは〜」
 ・マーケティングの流れは、集客→見込み客フォロー→販売→顧客化
 ・営業マン研修は、時代遅れのコンサルタントではなく、その会社のトップ営業マンの話を聞くのがベスト
 ・お客様とは、自社の商品やサービスを値段も含めて気に入って買ってくれる人。(それ以外はお客じゃない)
 ・営業マンが断れば売れてる営業マンに見え、交渉の主導権をとれ専門家に見えるため、売れる
 ・お客様と会う前に資料を送り、事前に読んでもらうと、人間は欲しくなる→楽にたくさん売れる
 ・事前に出す資料には、お客様または自分の使用感を入れる
 ・ニュースレターは最低でも半年は続ける

◆この本に書いてある営業マンは、リクルートの営業マンと同じ。
 彼らには商品力もあったけど、それ以上に人の心を動かすことの大切さを知っていた。
 僕はこの本を読んで、仕事の関係者に週刊ニュースレターを発行し始めた。(これはスゴイ挑戦になると思う)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
「気絶〜」
 ・人に喜んでもらうことで自分の存在や働く意味がわかる(=「仕事は親切」)
 ・社員の心をまとめるスローガンを作って、イメージを作るのが大切
 ・感謝をした後、もっと要求する
 ・当てになるのは、成功した理由より、失敗した理由
 ・お客様は3種類(見込み客とユーザーと顧客)
 ・マーケットには2種類(オープンとクローズド)
 ・名簿は現金
 ・説得して買う気にさせるより、情報を提供して買ってもらえるよう育てる
 ・チラシは全部チェックして、面白そうな文章などを自社商品の参考にする
 ・流行はここで終わるというラインが存在する
 ・お客様が買った理由は、お客様をひきつけるフレーズになる
 ・値段が高いことをセールスポイントにする
 ・人が夢中になるのを知るために、人だかりには顔をつっこみ、行列には並ぶ
 ・作業効率を上げることで、価格を下げると参入障壁となる
 ・ディズニーランドのコンセプトは「五感を休ませない」
 ・リーダーとは、起きている問題を自分の責任だと思って解決しようとする人
 ・教育とは同じ人間に同じ話を400回言えるかどうか

◆石原さんは何者なんでしょう!!人間の心理を知り尽くしている!
 この本だけで、商売のやり方がわかってしまいます。
 教育の話、リーダーの心構えは目からウロコ。リーダーの心構えは実践を始めました。


【読書スピード】
 ●「営業マン〜」は約1300文字/分
 ●「気絶〜」は約1250文字/分
 ※最近、読書スピードはよくわかりません。ただ、今回の2冊くらいのボリュームなら、2日もあれば読めてしまいます。(だから、読書日記が追いつかなくて困ってる)
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
今年から、読書時間を天引きしているから、目標の最低100冊は楽勝でクリアするでしょう。
ちなみに、僕も読書で何を得たか?を最終目標にしています。100冊はあくまで量に関する1つの目安に過ぎません。念のため。

投稿者 むらい : 2008年01月27日 22:19 

トップへ戻る 【第63回】「フェアトレード@Life」「地頭力を鍛える」 【第64回】「営業マンは断ることを覚えなさい〜戦術・戦闘編」「気絶するほど儲かる絶対法則」 【第65回】「パーソナルブランディング」「図解フィンランド・メソッド入門」 カテゴリ:raiのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/68

ビジネス速読実践者ブログTOP » 村井's 投資読書を成果につなぐ実践記録

▲このページのトップへ戻る