寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

【週報】2月第1週の「学び」雑感 このエントリーを含むはてなブックマーク 

 今週の「学び」の課題は「動きだし、軌道に乗せられる初速を付ける」でした。
 
 ちょっと新年始まってからの1ヶ月が仕事のドタバタと、体調を壊してのグロッキーで、今一つ不完全燃焼でしたので。。。
 
 さて、宣言通り、昨日「1時間12冊トレーニング」をおこないました。これは毎週、木曜日か金曜日の定例にする予定です。
 
 一人でやったら間違いなく途中でめげてしまいますので、バイト君を急きょ呼び出して、巻き添えにしながらやっていこうかと(ただし、バイト君は3月で大学を卒業して福岡からいなくなりますが…)。
 
 今回、読んだ本は以下の12冊。時間は1時間強。(本の交換の時間が+アルファでかかってます。)
 
1.『勝間和代の日本を変えよう』(勝間和代著)
2.『猫の手が戦力に変わるとき』(鬼塚雅史著)
3.『うちの社長はなぜ「ああ」なのか』(石原明著)
4.『新個人主義のすすめ』(林望著)
5.『自由と規律』(池田潔著)
6.『個人主義とは何か』(西尾幹二著)
7.『サンクコスト時間術』(齋藤広達著)
8.『知的創造のヒント』(外山滋比古著)
9.『人が集まる!行列ができる!講座、イベントの作り方』(牟田静香著)
10.『図書館を使い倒す』(千野信浩著)
11.『自分で調べる技術』(宮内泰介著)
12.『思考のボトルネックを解除しよう!』(石川和幸著)
 
 当たり前ですが1冊5分で「読んだ」わけではありません。
 
 積ん読しておいた本に目を通し、以下の3つのレベルで確認しながら、自分の内部にインデックス作りをします。
 
LEVEL 1.その本には、どのような要素、トピックスが載せられているのか?
 
LEVEL 2.その内容には、どんな価値があるのか?
 
LEVEL 3.その本は、「今の自分」にどういうメリットがあるのか?つまり、重ねて読む価値があるのか?
 
 本当はこの作業を書店の店頭でおこなえば、買う本の量が激減するはずなのですが、基本的にamazonで気ままに購入しますので。。。
 
 内容に踏み込まないまでも、自分の仕事の効率化を図る上で役に立ちそうな本が3冊(7,9,11)、今の自分の中でイマイチ踏み込めていなかったテーマについて学べたものが1冊(12)。その他は「今はとりあえずスルーしてOK」という感じでした。
 
 そして、本当に今から読むのは2冊(12,9)。資料として保管しておくのが2冊(7,11)。とりあえず積ん読続行が8冊という感じになります。
 
 しかも、「読む」対象となった本も、あくまで「自分の思考の足りないピースを埋めてくれる補助教材」的な扱いです。つまり狩猟採取型
 
 この2冊が来週の重ね読み対象。それと並行して今月のテーマ本である「第8の習慣」と「SQ」を丁寧に読んでいこうと思います。(これはすでに今週からスタートしています。じっくり丁寧に読んでいます。)
 
 ちなみに今年の私の読書目標は、年間12冊を徹底的に自分のものにすること。これは農耕型の読書で自分を高めていくための学びです。
 
 それと並行して、自分の裾野を広げ、自分の仕事に活用できる視点、指針など他人のお知恵を拝借すべく、週に12冊ずつ一気読みし、その中からセレクトした数冊を狩猟採取型で吸収していこうという作戦です。
 
☆来週の学び
 
■読書■
・重ね読み:行列が出来る!講座、イベントの作り方、思考のボトルネックを解除しよう!
・味見読書:適当に12冊
・深める読書:第8の習慣、SQ
 
■ブログ■
・Iza!で2つの記事
・sr20.jpで6つの記事
・amebloで3つの記事
・メルマガ1回
●●

投稿者 てら : 2009年02月07日 13:55 

トップへ戻る 今日のモチベーションを明日につなぐ簡単な方法(1) 【週報】2月第1週の「学び」雑感 今日のモチベーションを明日につなぐ簡単な方法(2) カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/159

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る