寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

2010年のデザイン、描けてますか? このエントリーを含むはてなブックマーク 

 2010年が、刻一刻と近づいてきていますね。
 
 人によっては、今日が仕事納めでしょうか?
 
 私は・・・相変わらず風邪具合がよろしくなく(今も熱が…)、22日に仕上げるはずだった原稿が半分しか…(ーー;
 
 
 
 さて、それはいいとして、もう2010年、どういう年にしたいか、どういうふうに成長していきたいか、もうデザインはできていますか?
 
 「成長した自分の絵(デザイン)」を描きつつ、そこに至る道筋をデザインする。これが重要です。
 
 メルマガにも書いた話ですが、手っ取り早いのは、「目指すあの人」と「自分」の差を確認するってことですね。リアルに見ることが出来ると、何をしなければならないかが分かります。
 
 
 
 ちなみに、私は2009年のスタート時点で次のような目標を立てました。
 
○年間4テーマを徹底的に自分のものにする。=>A.質問力、B.理系力、C.SQ(魂の知能指数)、D.書籍書評力。
 
 何人かの尊敬すべき起業家さんと自分を比較して「あの能力、欲しい!」と思ったもののうち、もっともベースになりそうな部分なんです。
 
 ・・・にも関わらず、恐ろしくどでかい課題として残してしまったのがAとDです。
 
 別にサボっていたわけではありませんが、ほとんど手つかずで終わっています。
 
 
 
 Aの質問力については、先月ご紹介した濱田昇氏の本を手がかりに、2010年はひたすら実践していきます。
 
 そういう意味で、2009年に出会った「実用系ビジネス書」としては『質問力で稼げ!』はナンバーワンヒットでした。
 
 そして、この本はいろいろなところでお薦めしまくっているのですが、非常に評判がいいんですよ。特にコンサルティング的な要素がからむ講座をなさっているビジネスパーソンの方々から「ここまで、分かりやすく基本を説いた本は、これまでありませんでしたね」というご感想をいただいています。
 
☆ご紹介した記事 in sr20.jp
>『相手の悩みの核心に迫るインタビュー力
 
 これを教科書に、来年は勉強会のお手伝いを2〜3個やらせていただこうと思っています。(自分の主催ももちろんですが。)
 
 そこで、いかに相手の悩みや問題点を引き出して、整理してみせられるか、質問力のノウハウを駆使して、言葉を磨いていきたいと思っています。
 
※Dも、もちろん継続して取り組んでいきます。今年、少し手がかりが見えてきましたので♪
 
 
 
 まずは、どういう力を手に入れたいかを明確にする。これが第一歩ですね。
 
 ただ、「学び」で一番問題になるのは、どう実行し、どう反省し、どう磨いていくのかってことだろうと思います。
 
 本を読むだけなら誰でもやってます。
 
 100冊読むことがスゴイのではなく、読んだ100冊を成長に変えられることがスゴイわけですよ。
 
 実行に移すことを考えるなら、読む本は少ない方がいい。
 
 そして、その本を何度も読み返すのがいい。
 
 読む=>実行=>再読=>振り返り=>フィードバック=>気づき=>実行…
 
 この循環が成長を作ってくれます。
 
 私が「勉強会のお手伝い」をするのは、強制的に人と関わるためです。私のような意志の弱い人間は人が関わってくれないと、絶対に途中でやめてしまいますんで。。。
 
 デザインが描けたら、そのプロセスを固めていくための仕組み・環境作り、というわけです。
 
 
 
 さて、あなた。
 
 来年、積み上げていきたい学びのテーマはなんですか?
 
 その教科書はもう見つかっていますか?
 
 その実行・反復の青写真は、もう描けていますか?
 
 その継続のための仕組みは作れていますか?
 
 ぜひ、お互いに、2010年を大きな成長の得られる年にしましょう!
 
 
 
 このブログの2009年の更新は今日で一旦停止いたします。
 
 この1年間、おつきあいくださり、本当にありがとうございました。
 
 また2010年もよろしくお願いします〜。(^^*
●●

投稿者 てら : 2009年12月25日 11:36 

トップへ戻る 【第152回】「悪の読書術」「人を斬る覚悟があるか宮本武蔵『五輪書』の真髄」 2010年のデザイン、描けてますか? 2010年、「豊かな成長」を積み上げるための第一歩 カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/368

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る