寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

3日間講座を終えて… このエントリーを含むはてなブックマーク 

 2009年2回目のレッスンが終了しました。
 ここまでの受講者は合計50名。
 
 修得率は98%。一見、スゴイ数字。
 しかし、これは主宰者都合の勝手な数字です。
 
 受講者本人にとっては「できたか、できなかったか」がすべて。
 
 だから私は、レッスンは常に100%の修得率でなければならないと思っています。
 
 もちろん、別に当日3日間で成果を完全に上げていただく必要はありません。そのために事前1ヶ月、事後2週間の集中サポート期間を設けています。
 
 にもかかわらず、残念なことに、すでに1名の挫折者(=断念者)を出してしまったわけです・・・。
 
 
 
 3日間で読書の質とスピードをコントロールする感覚を体で覚える。
 そして、その後の2週間の実践トレーニング(1日1冊の読書)で「自分の現場で使える技術」に仕上げていく。──これがセオリーです。
 
 読む本のジャンルもレベルも様々ですし、それを手に取る目的も与えられた環境も違います。そういう多様な状況に応じて、最適なスピードと質のバランスを実現できるようになるには、さらに数ヶ月の実戦経験が必要です。
 
 そのために年3回の無料フォローアップセミナーがあります。(オンラインのフォローは無料・無期限)
 
 これは技術なので、実践を積めば積むだけレベルがアップしていきます。(逆に本を読まなければ質もスピードも落ちていきます。これはスポーツと同じ。)
 
 最終的に、「本当にに受講した価値があった」かどうかは、実は1年後ぐらいになって実感できるのかも知れません。
 
 1年後に振り返ったとき、
 
 どれだけ自分の読書や情報処理、仕事の仕方が変わったのか。
 それによって、どれだけ自分が成長したのか。
 
──それが3日間の講座の価値を計る尺度だと思います。
 
 それを支援していくわけですから、こちらも成長し続けなければなりませんし、価値のある情報を提供し続けなければなりません。
 
 ひとまずは、今日からスタートする2週間の集中フォロー期間。しっかりと心を込めたフォローをしていきたいと思っています。そして、受講者の方にも、たった3日間の講座で「挫折した」と思わずに、とことん食らいついて来ていただきたいなと思っています。
 
★今回の受講者の方の感想(ブログ記事) >福の神BLOG
 ※受講前の読書スピード:1400文字/分
  受講後の読書スピード:5600文字/分
  1冊10分の概要理解:達成
●●

投稿者 てら : 2009年02月02日 16:12 

トップへ戻る 【書感】人としての「在り方」の軸にそってスキルを磨く 3日間講座を終えて… 良い勉強法・危ない勉強法 カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/153

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る