寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

学びを重ねる このエントリーを含むはてなブックマーク 

 今日は、夕方まで3日間の個人レッスンでしたが、夜は自分のための学びを得るべくセミナーに参加しました。
 
 セミナーの講師はアルファブロガーとして有名な大橋さん。
 
 今、このブログを日刊で書き続けられているのは、実は大橋さんの1日セミナーを受けたからです。
 
 はるばる東京に出向き、高額なセミナーを受講してきました。投資対効果は非常に高く、本当に学ぶことの多い、満足度の高い内容でした。
 
 しかし、時間が経過するにつれて、薄れていくものを感じます。もちろんブログは続いているのですが、まだまだ何かあったはずだ、自分のブログ・仕事を高められるヒントがあったはずだという気持ちもありました。
 
 そしたら大橋さんから「福岡でブログセミナーやります!」というご案内が。
 
 そりゃ、行くしかないでしょ、という訳でやってまいりました。
 
 
 
 まず、自分がいかに聞いた話を忘れているかということにびっくりしました!
 
 いやー、忘れていますね。(笑)
 
 もちろん、それはそれでいいと思っています。実際に私のブログは劇的に変わりましたし、仕事の仕方も変わりました。(ブログセミナーでしたが、仕事のヒントもたくさんありました!)
 
 ですが、大きな成果を得たセミナーですから、やっぱり学びってのは、もっともっとあったわけです。
 
 それは、忘れるなら忘れていいものではあります。確かに。
 
 それらをすべて拾おうとしたら、結局、フォーカスが定まらず、何も変わらない、何も残らない学び崩れになってしまいます。
 
 だから、なのですが、学ぶことを1つに絞り、それにフォーカスして成果を求める。その上で、1つ学んだらソースに戻るようにしたいわけです。
 
 しっかりフォーカスを明確にして学び、1つ手に入れ、実行する。実行したら反省し、フィードバックを得る。
 
 そういう体験を引っ提げてソースに戻る。そうすると、最初に学んだことに深みが加わります。と同時に、その周辺にあったこと、最初にはあまり惹かれていなかったことが、突然輝いてくることがあります。
 
 今回のブログセミナーは、2時間弱のショートセミナーですので、前回の1日講座のようなワークなどはありません。
 
 しかし、1度学び、2ヶ月近く実践し続けてきた内容、講座だけに、2時間の中から学ぶことがざくざく出てきます。
 
 そっか、前にもこんな話あったけど忘れてたな・・・とか。。。
 
 
 
 ある意味、復習に同じセミナーを受けるというチャンスは少ないかも知れません。
 
 しかし、セミナーを受けて、その講師の本を読んでみる。あるいはその逆。
 
 本を読みっぱなしにせず、時間をおいて何度も読み返す。
 
 そういう「復習」をしっかりと取り入れることで、いつも新しい本を読んだり、セミナーを受けたりするよりも、間違いなく学びの効果が上がります。
 
 これは脳の特性から言っても正しい話。
 
 もちろん、最初の学びと、次の学びの間に、必ず「実践と反省」を挟み込むこと。
 
 自分の体験がベースにあると、同じことから学べる深さが違います。
 
 
 
 あなたは、最近、何かの学びを行動につなぎ、フィードバックを受けましたか?
 
 あなたは、最近、何か「復習」しましたか?
 
 学びを加速するためにも、新しいものに飛びつくのもいいですが、振り返る習慣、学びを積み重ねていく習慣をしっかりと作っていきましょう!
●●

投稿者 てら : 2009年03月13日 20:40 

トップへ戻る 速読を極めるための体感覚磨き 学びを重ねる 【週報】3月第2週の「学び」雑感 カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/190

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る