寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

「びみょーだよね」という微妙な表現 このエントリーを含むはてなブックマーク 

 いやー、寒い日が続きますね。
 
 新著の原稿リライトの〆切が今日だったんですが、風邪で2日間寝込んで予定が完全に狂いました。
 
 うだうだしているうちに、何を書いてイイやらなんだか訳が分からなくなって頓挫・・・。(−−;
 
 いかんいかんと思いつつ、明日は休日(息子の遊び相手)、明後日はクリスマス(私は仏教徒なんですが…)で、また執筆が中断します。
 
 年賀状はひとまずフリーズしておいて、25日からラストスパートで書き上げようかと思う次第です。
 
 
 
 さて、12月に入ってから、ぼちぼち2009年を振り返る機会も多くなっています。
 
 ま、そういう時期ですよね。(^^
 
 その中で非常に気になったことが1つ。
 
 これは別に2009年のお話ではないのですが、最近、自分が言葉を曖昧にして流してしまっているなーと感じることがあります。
 
 その代表例が「びみょー」という言葉。
 
 
 
 「なんか、その話、微妙だよね」
 
 「なんか、彼の態度、微妙だよね」
 
 そんな感じで、結構よく使っています。
 
 ここには
 
 「何が、どう微妙なのか」、「微妙だったら何なのか」が、まったく明らかにされていないんですよね。
 
 何となく「わかるでしょー」的な無責任さ。最終的な判断は「聞いている人任せ」なんですよね。本人は何も言っていないのと同じレベル。
 
 
 そして、感じたことを適当に、深めることなく言葉にする軽薄さ。反応レベルでものをいう典型です。
 
反応レベル
 
 「なぜ、そうなの?」「どういうことなの?」「それで何なの?」という問いに対して、明確に思索し、言葉として出力しなければいけません。それが意見を発する際の大原則です。
 
 なんで「いけない」かっていうと、「相手に伝わらないから(納得してもらえない)」です。だって「言ってないのと同じレベル」なんですから。(そうでなくても伝わっているってことは、相手も「まー、なんとなくそーだよねー」とごまかしているってことですね。)
 
 そして、さらに自分がどういう思考回路を持っているか、どういう感情を持っているかってことが分析できないんですよ。だから、相手に対しても「だからどうして欲しい」とか「だから、こうしたらいい」とかいう提案もできません。
 
 こういう何となくの思考、反応レベルの思考を引っ張り出してきて、もっと「思考を磨き上げる」訓練をせねばと思った次第です。はい。
 
 ぜひ、来年はご一緒に言葉を磨く年にしましょう!(^^)!
 
P.S.
相変わらず勝間さん大人気です。「カツマー」というキーワードで検索して、このブログに到着した人が2日間で約1500人。。。
●●

投稿者 てら : 2009年12月22日 16:40 

トップへ戻る 「今年の1冊」プレゼン大会 「びみょーだよね」という微妙な表現 【第152回】「悪の読書術」「人を斬る覚悟があるか宮本武蔵『五輪書』の真髄」 カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/366

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る