寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

ブログ講座に学ぶ成長の原理 このエントリーを含むはてなブックマーク 

 こんにちは。ご無沙汰しています、寺田です。
 
 3日間レッスンの後、体調を崩して寝込み、復活した頃に息子が1週間、高熱で寝込み、それがあけたらフォローアップ、講演会・・・という具合に、あっという間に2週間ほど経ってしまいました。
 
 さて、今日はブログの作り方を学んできました(東京で)。講師はシゴタノ!の大橋氏とエリエスの古屋氏。
 
 ブログはこれまでいくつ作って、どれだけ放置してきたか分かりません。(爆)
 
 正直なところ、現在運転中のブログは全部で9つ。それなりに更新しているものが4つ。時々、思いついたように更新しているものが2つ。完全に放置しているのが3つ。やれやれ・・・。
 
 人間、適当に、なんとなく考えていたら、結局、モチベーションの日が消えた時点で行動が停止してしまいます。
 
 いかにしてブログ更新をシステム化するかが最大の課題。
 
 システム化というのは、更新作業のシステム化と同時に、記事の書き方にを持つことでもあります。
 
 まさに、今日の講座はビンゴ、直球ど真ん中でした。(^^)
 
 いろいろツールやスキルを学んだわけですが、今日の最大の学びは、『型(フォーマット)』を持つことの重要性と、繰り返すことが可能な自分にあったシステムを作ることの重要性。
 
 どちらも、ツールを使いこなし、それを繰り返すことによって、スゴイ技に昇華することができるわけですね。
 
 さて、そのブログ。
 
 ブログというのは、もちろんコンテンツが命。
 
 命のコンテンツを活かすためにツールがある。技があってこそ、命が輝く。
 
 実際、システムと型を手に入れたことで、コンテンツ磨きにエネルギーを注げそうですね。
 
 記事で、自分らしさと読者への貢献にフォーカスするために技を手に入れ、それを磨く。やっと自分の仕事にエネルギーを与えてくれるブログが生まれるのか!という期待にワクワクしています。
 
 大橋さんも古屋さんも、その部分、見習うべきスゴイモデルでもあり、自分のレベルとの距離の大きさを感じざるをえない変態でもあり。いやはや、スゴイのひとことです。
 
 そして、何かを生み出すための作業の進め方、作品を輝かせる視点、型の考え方などにフォーカスすると、この講座で得たものはいろいろなところで活きてきそうです。
 
 大いなる気づきにあふれた1日。大橋さん、古屋さんに感謝!
●●

投稿者 てら : 2009年01月25日 22:25 

トップへ戻る 【第114回】「伊藤博文」 ブログ講座に学ぶ成長の原理 学びが散発的になりがちな人のための学びの3原則 カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/145

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る