寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

読書の幅を広げるためのガイド このエントリーを含むはてなブックマーク 

 あなたは、「読書の幅」を広げる工夫って、何かしていますか?
 
 先週の記事で紹介したan anの読書特集も出会いのキッカケになったでしょうか。
 
 何か幅を広げる工夫をしないと、本当に偏った世界にどっぷりはまってしまいます。
 
 「自分の読んだ本を持ち寄る」というタイプの読書会は「自分が手に取らないような本と出会える」というメリットがあります。が、そもそも嗜好性の違う人が集まる工夫をしているか(あるいは違う嗜好の読書会に参加するか)が問題です。
 
 
 
 出会いのきっかけを作ってくれる「本のガイド」もありますよね。
 
 幅の広い本を、圧倒的な書評力・分析力で紹介してくれるのは立花隆氏。
 
 『ぼくが読んだ面白い本・ダメな本…』は、かなりお薦めです。なにしろ、ジャンルの広さが過激!
 
 その立花氏と佐藤優氏の対談本『ぼくらの頭脳の鍛え方』もお薦め。
 
 問題は、両氏の薦める本がハイレベル過ぎるってこと。あと、違う意味で偏っているってことも?
 
 これらの本は、「どの本を読むべきか」を知るためというより「様々な本を、どう読むべきか」を知るために、気軽に拾い読みした方がよさそうです。
 
 例えば、立花氏のお薦めの中にSM小説「花と蛇」が出てくるのですが、こんな読み方をしてしまうのか…!と愕然とさせられます。
 
 自分の本の読み方の浅さにも気付かされて一石二鳥です。
 
 
 
 あと、昨年暮れに出た轡田隆史氏の『1000冊読む!読書術』も、刺激をくれる良書です。主張自体は少々迫力に欠けますが、「本を読む」ことの敷居を劇的に下げてくれますし、本の楽しみ方の幅を広げてくれます。
 
 同氏の『人生の見方を変える−名著の読み方』も、名著との出会いのガイド、楽しみ方ガイドと思って読んでみるといいでしょう。
 
 まぁ、いずれにせよ「その本を通じて出会った本と、本当に出会う」ことが重要ですよね。
 
 間違っても「ほー、そういう本があるんだ」で満足しないこと。
 
 私も来月は小説を読もうと思っています!
 
P.S.
http://www.office-srr.com/の右サイドバーに「お薦め読書本」をリストアップしてみました。
もし「こんな読書本もありますよ〜」っていうのがあれば、ぜひご紹介ください!
●●

立花 隆
文藝春秋
2003-05
おすすめ平均:
読書術はまあまあ面白いが、本の紹介部分はいまいち
奇書おもしろ本紹介、そして読書術
読みたい本がないとき、頼りになるのは週刊文春の連載
posted by Amazon360

立花 隆・佐藤 優
文藝春秋
2009-10-17
おすすめ平均:
posted by Amazon360

轡田 隆史
三笠書房
2009-11
おすすめ平均:
posted by Amazon360

轡田 隆史
中経出版
2010-02-27
おすすめ平均:
posted by Amazon360

投稿者 てら : 2010年03月10日 06:50 

トップへ戻る サイトリニューアルしました☆ 読書の幅を広げるためのガイド 【第159回】「滴みちる刻きたれば 第一部」 カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント

私は雑誌をよく買うので「ダ・ヴィンチ」で見かけた未知の本に挑戦することも多いです。女性誌の「CREA」「FRAU」なども定期的に読書特集をするので、参考にしています。寺田さんの挙げられているガイド本に比べるとだいぶ軟弱ですが^^;。

投稿者 みかち : 2010年03月10日 17:18

これはこれはコメント、ありがとうございます♪
最近、なぜかよくスタバでお目にかかりますね。(^^)
 
情報は幅広く集めていかないと、本当に偏ってしまうなーって思いますよね。
よかったら、いつか情報交換させてくださいね!
 
では〜。
●●

投稿者 てら : 2010年03月11日 23:25

ほんとですね!
ちょっとストーカーみたいですみません^^;

私には寺田さんと交換できるほどの情報が(汗)
とは思いますが、こちらこそぜひよろしくお願いします!

投稿者 みかち : 2010年03月12日 17:01


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/415

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る