寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

あなたの商品価値を正しく伝える方法とは? このエントリーを含むはてなブックマーク 

 メルマガでもお知らせしましたが、ビジネスブックマラソンで有名な土井英司氏が主催する「プロフィール講座」の講師を務めることになりました。
 
 プロフィールを作るための講座のお値段が、なんと!
 
 
 
 189,000円也!
 
 
 
 びっくりします?(^^;
 
 この話を聞いた、ある独立を目指しているアナウンサーさんと、すでに独立を果たしているトレーナーさんが、
 
「なんでプロフィールを作るためにお金を払う必要があるんですか?」;゜д゜)
 
とビックリしていらっしゃいました。(そりゃそうだ。)
 
 が、その意味、意義を説明すると、次の瞬間には2人とも「申し込みます!」と。(笑)
 
 実際、プロフィールを作り直しただけで、「本を出しませんか?」と声がかかったり(私と私の友人の例)、「テレビに出ませんか?」(私の仲間の例)と声をかけられることがあるんですよ。
 
 しかも、かなりの高確率で。
 
 
 
 プロフィールというのは、言ってみれば「自分という商品」を企業やお客さんに高く買ってもらうための商品説明なんですね。
 
 「商品」なんていうと言葉が悪いでしょうか?
 
 ですが、就職ってのは、市場で企業という買い手と、就活者という売り手のマッチングを行うものですよね。
 
 私のように個人の持っている技術を売っている人間は、自分と自分の持っている技術を商品として、企業や個人に購入してもらうわけですし。
 
 そう考えると、自分の商品説明がイケテナイのはマズイわけなんですよ。
 
 あなたは商品を売る時に、その商品がいかに魅力的で、お客さんにメリットがあるかを説明するはずです。
 
 それと同じように、自分を売り込む時の説明も、しっかりと作り込みましょう、と。
 
 
 
 まぁ、これもネット時代だからって話ですよね。
 
 メディアの人って、テレビや出版にふさわしい人をネットで探しているわけです。
 
 SEOで上位に表示されているかどうかではなく、プロフィールがイケテいるかどうかで決めるわけですよ。
 
 私の例ですと、メルマガを発行し始めて7年間、ビジネス系の商業出版の声をかけてもらったことがありませんでした。(売り込んでもダメでした。)
 
 しかし、講座を受講してプロフィールを作り直しただけで、1ヶ月後に、超大手出版社から速読の本を出しませんか?と声をかけられました。(結局、「フォーカス・リーディング」をすでに執筆中だったので、こちらからお断りしましたが。)
 
 そして、1度、プロフィールができあがると、メディアに登場したり、講演会に呼ばれたりするたびにプロフィールがコピーされて増殖していくんですよ。で、連鎖的にいろいろなところから声がかかる・・・と。
 
 これまたネット時代ならではですね!
 
 
 
 ただ、プロフィールを作るのって大変なんですよ。(^^;
 
 完成するのに3ヶ月は悠にかかります。(講座は1ヶ月に1回、3ヶ月です。)
 
 その間、「本当の自分の価値は何?」、「なぜ自分はこんな仕事をしているんだっけ?」、「自分はどこに行こうとしているんだろう?」というようなことを、ずーっと考え続けるわけです。
 
 そうやって自分の記憶の奥底に眠っていた体験と、歩んできた歴史を掘り起こしていきます。
 
 
 
 プロフィールを作る過程で、、、
 
 ある人は、仕事の迷いが消え、バリバリ仕事に打ち込み、業績が劇的に上がりました。
 
 ある人は、メディアから声がかかりまくり、NHKにまで出演しました。
 
 ある人は、普通のサラリーマンにも関わらず、ベストセラー作家になりました。
 
 最近、ベストセラー作家になった池田千恵さん(「朝4時起きで、すべてがうまく回り出す」の著者)も、この講座で劇的に変わった1人ですね。
 
 最初は「私は食べるの大好き!」でアピールしていたのですが(実際、飲食系の資格多数所有)、自分のプロフィールを掘り起こしているうちに、自分は「図解」のプロフェッショナルとして売り出した方が、多くの人にメリットを提供できることに気づきました。
 
 さらに、その自分の「強み」の源泉が「朝4時起きにあった!」ということに気づいたんですね。
 
 そしたら6万部のベストセラー作家になったわけです。
 
 意外とそういう人って多いんですよ。自分の強みはこれだ!と思っていたら、実はもっとすごい魅力が眠っていた・・・と。
 
 
 
 個人の魅力とスキルでオンリーワンマーケットを切り開いていきたいっていう方、とりわけベストセラー作家を目指したいっていう方は、受講して十分に元が取れる講座であるのは確かです。
 
 ビジネス書のプロデューサーとして、「フォーカス・リーディング」を含めて、数々のヒットを飛ばしてきた土井英司氏のメソッドと、私寺田の高校教師、小論文講師、速読術講師としての経験のコラボで、どんな講座ができあがるのか?
 
 実は私自身、すごく楽しみで、結構ドキドキしてます。(^^)
 
 ビジネス書を出版したいって思っている方、ぜひ一緒に、ベストセラー作家を目指しましょう!
 
 
 
 あ、そうだ。ちなみに、プロフィール講座の講師って、私を含めて10人います。
 
 講師それぞれに強みとか得意分野ってのがありますので、興味のある方は、まずはサイトをどうぞ!
>>http://www.eliesbrand.com/
●●

投稿者 てら : 2009年12月08日 22:02 

トップへ戻る どうフォーカスし、どうメモするか あなたの商品価値を正しく伝える方法とは? 速読とハサミは使いよう… カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/357

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る