寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

気分が乗らない時の「つなぎ」方 このエントリーを含むはてなブックマーク 

 仕事が忙しいときや、モチベーションが下がり気味になってきて、新しい本とか、ヘビーな本に手が伸びない時ってありますよね?
 
 実際、価値のある学びを…と思ったら、「難しくて価値のあること」をやらなければいけません。(茂木先生の「脳を活かす仕事術」だったかにも書いてありますが!)
 
 しかし、それはなかなか・・・ということがあります。
 
 そういう時にどうしたらいいか?
 
 
 
 そういう時にお薦めしたいのが次の2つの方法です。
 
 まず1つめ。
 
 学びの振り返り、整理に充てる。
 
 私は、雑誌や新聞の切り抜き、受講したセミナーの資料などを日常からカバンに入れて持ち歩いているわけですが、それを取り出して読み直したり、整理し直したりしています。
 
 ということは、普段から雑誌や新聞は切り抜いておこうってことですね。
 
 あまり難しく考える必要はなく、「おっ!」と思う記事を、ざくざくと切り抜くだけ。(一応、出典が分かるようにメモだけはしておきましょう。)
 
 雑誌や新聞や「読み捨て」になることが多いのですが、こういうふうに乗らない時の学習素材にしておけば、負担なく、気楽に学びを積み上げられます。
 
 2つめは、モチベーションが高まる自己啓発系の既読本や、自分の学習記録を気楽に眺めることです。
 
 私は石原明氏の『成功曲線を描こう。』を眺めることもあれば、「気分が盛り上がらず、復習しかやっていない自分」をしっかりと手帳に記録し(レコーディングダイエット方式!)、さらに手帳に書いてある自分の学びの目標、ミッションステートメントを眺めることもあります。
 
 まぁ、モチベーションが下がっているときって、無理をしたところで、あるいは手帳を眺めたところで、なかなか気分が盛り上がらないものなのですが、それでも「やっていない自分」に焦りが生まれてきます。
 
 そして、年度の変わり目などの節目(今、まさにそう!)に「よし、踏ん切りをつけてがんばろうかっ!」という気分になれるものです。
 
 「節目」って、例えば誕生日、元旦、新年度、読書・勉強の秋到来、知人の結婚・昇任など、いろいろあるものですから、意外と「よし!」と気持ちを切り替えるチャンスというのはあるものです。
 
 
 
 熱い気持ちは熱いうちに次の日につなぐのが鉄則。
 
 ですが、もし冷めてしまったら、また加熱のタイミングをしっかりとつかむ。
 
 これが学びを長く続けるコツかな、などと考える今日この頃です。(やっと新しいオフィスも来週中に整いますので、そこからしっかり加速し直したいと思ってます。)
 
 さて、あなた。新年から3ヶ月の学びは充実していましたか?そして、モチベーションは高く維持できていますか?
 
 もし、冷めがち・・・ということであれば、この「年度の変わり目」の今、ねじを巻き直しましょう!
●●

投稿者 てら : 2009年03月30日 21:44 

トップへ戻る 【週報】3月第4週の「学び」雑感 気分が乗らない時の「つなぎ」方 【第123回】「続 敵は我に在り」「巨人軍論」 カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/208

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る