寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

ジムのトレーニングに学ぶ このエントリーを含むはてなブックマーク 

 今、週3回のペースでジムに通っているのですが、そこで「スピード」という新しいトレーニング指導を受けてみました。
 
 全身の筋肉の連動性を高め、より高度な運動を可能にしようというプログラムです。
 
 2週間ほど「慣らし」をおこない、今日から本格的なトレーニングに突入です。
 
 
 
 今日はそれほどハードではなく、体を適切に使う練習がメインでした。そして、このメニューが、非常に学びの多いもので、感心してしまいました。
 
 たとえば「(短距離)ダッシュ」(といっても傾斜を自由に変えられる専用のルームランナー上で)を何本かおこなうのですが、そのまえに全身をつかう練習をします。
 
 ハードルをゆっくり越えていく練習を3種類。
 
 ただ越えるのではなく、手の角度、体の傾きを正しく保ちながら、腕をしっかりと振り、足を太ももの付け根から引き上げ、最後の一押し(一上げ?)を腹筋を使い・・・ということを、レベルを上げながらおこなうわけです。
 
 曰く、意識して体を丁寧に使っていくことで、徐々に無意識に正しい体の使い方を維持しながら走ることができるようになっていく、と。
 
 ですから、もちろんダッシュをおこなう際にも、厳しくフォームのチェックが入ります。
 
 
 
 意識してフォームを矯正するという発想。
 
 少しずつフォーム正しく体を使っていけるようにメニューを積み上げるという発想。
 
 体の各部の連動性を高めて、全体のパフォーマンスを高めるという発想。
 
 フォーカス・リーディングのトレーニングと、まったく同じ発想で作られているんだなーとガッテンガッテンしながらトレーニングをしていました。
 
 そして、ここで使われている手法を参考にすることで、フォーカス・リーディングのトレーニングも、もう少し工夫できそうな予感もしました。
 
 なにしろ、このジムのトレーニングはすべて、本当に科学的・合理的にメニューが作られていて感心するばかりなんですよ!
 
 
 
 まだ始まったばかりで、あと5回残っていますので、それをこなしながら、SRRのメニューのブラッシュアップについて考えてみようと思っています!
●●

本日の充実度本日の本の種類
※『7つの習慣』(再読、昨日に引き続き)

投稿者 てら : 2009年04月21日 22:06 

トップへ戻る 読書経験値不足を補う… ジムのトレーニングに学ぶ 成長する人はココが違う カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント

寺田です。

えーっと、どなたか(ハンドル「ファルコンz」さん?)コメントをくださっていたようなのですが、、、

コメントがスパム扱いされていて、うっかり思わず「スパムコメントをすべて削除」で消してしまいました。

せっかくコメントをくださっていたのにすみません。。。

よろしければまたお願いします。。。

★5.14加筆

後日、ご本人様からコメントをちょうだいしました。

。。。私はまだ読書の上で再現できず、かつて剣道で一度だけ体験した状態ですが、注目する一点と周囲全体が、自分と一体となってまんべんなく(なんともいえない心地よいバランス感でした)感じられるような心の状態にもっていければ、非常にリラックスしつつ、無駄なく機敏(最適)に動くことが出来る、ということです。

面白いことに、スポーツや武道だけでなく、音楽や、速読でも共通する「最適マインド」とも呼ぶべき状態ですので、恐らくこれが人の能力を最大に発揮できる状態なのかな?と思います。

と考えまして、最近は速読のうんと手前の基礎トレとして、日中隙間時間に腹式呼吸法と、なるべく速やかに心を半瞑想状態に持っていくことに心がけています。

まだまだ全然思うようになりませんが、少しづつ慣らし、色々なことが次々と浮かんでは消える騒がしい心の状態を、楽で落ち着いて全体と一点が体感されるような状態に持っていくようにしたいものです。。。

いやー、すばらしいコメント、感謝!!
●●

投稿者 ファルコンz様 : 2009年04月27日 21:48


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/230

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る