寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

卵を立てるな! このエントリーを含むはてなブックマーク 

 今時のビジネス書は非常におもしろいですよね。
 
 1つのテーマに絞って丁寧に解説してあり、具体的な話が中心。しかも文字が少なくて読みやすい割に、気づきが多い。
 
 ある意味で、ビジネス書はこの10年で非常に進化しています。
 
 そして、この進化が私たちを甘やかしているのもまた事実。
 
 
 
 乗り物が進化して、人間の足腰が弱くなりました。
 
 コンピューター技術が進化して、人間の計算力が弱くなりました。
 
 ワープロが進化して、日本人の漢字書き取り力が弱くなりました。
 
 ツールが進化するというのは、めんどうなことを代わりにやってくれるってことなので、その機能が退化していくのは、ある意味で必然。
 
 
 
 でも、それは人間の「退化」を促しているのではなく、人間が「新しいステージへの進化」することを応援してくれているんですよね。
 
 
 
 カメラのオートフォーカス機能や露出補正機能が進化したおかげで、私たちは「構図」という芸術的な部分にフォーカスできるようになりました。
 
 エクセルなどの表計算ソフトが進化したおかげで、私たちは、数字をどう処理・分析し、どう見せるかという部分にフォーカスできるようになりました。
 
 メール、ワープロの進化のおかげで、私たちは、気持ちをどう表現するか、どうしたらよりよく伝わるかという部分にフォーカスできるようになりました。
 
 
 
 で、ビジネス書が進化したおかげで、私たちは、どこにフォーカスできるようになったのでしょうか?
 
 
 
 進化したビジネス書を、ただ楽しみ、満足しているだけでは、「新しいステージへの進化」は得られません。
 
 
 
 今から500年ほど前に、コロンブスが卵を立てて見せてくれました。
 
 今や「コロンブスの卵」という言葉と逸話を初めて聞くと「おー、すげー!」と感心します。「目からウロコ」の話でわくわくするかも知れません。そして、この言葉を知っている人で、卵を立てられない人はいません。
 
 でも、現実のビジネスの世界で、本当に卵を立てる機会なんてものは、ほとんどありません。
 
 「コロンブスの卵」の話を知った私たちは、その上でどういう進化をしなければならないのか。そこが問われます。
 
 
 
 で、ふたたびビジネス書の進化のお話。
 
 ビジネス書で語られていることを、そのまま実践してうまくいくことはほとんどありません。実践すらしなければ、読んだことが知恵になるはありません。何度も繰り返し読まなければ、知識にすらなることはありません。
 
 そこにあるのは「おー、すげー!」、「目からウロコ!」というわくわく感だけ。
 
 ビジネス書が進化した分、私たちの読書が進化しなければならないとしたら、今、求められているのはいったい何なのか。ちょっと考えたいところです。
●●

投稿者 てら : 2009年04月04日 13:18 

トップへ戻る 「を」から「で」へのシフト 卵を立てるな! 【週報】4月第1週の「学び」雑感 カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/213

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る