寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

[書感]行動したくなるワクワク感をもらえる1冊 このエントリーを含むはてなブックマーク 

 昨日、ブログで「行動派っぽい人になってきた」と書きましたが、私にとって「行動力」というのは、本当に【どでかい課題】だったんですね。
 
 子どもの頃から「クチサキ男」状態で、妄想し、「やるやる!」と言いつつも結局は妄想倒れ…を常としてきました。
 
 その自分からすると、今年の身の軽さは本当に驚異的。【自画自賛モード】
 
 今年になって「動ける自分」に変わってきたというのは、やはり身のまわりの尊敬できる人々の影響と、マイクレドで教化(?)し続けていることの成果ではないかと考えています。
 
 
 
 今年に入ってから「マイクレド」のことを散々「すごい!」と褒めちぎってきましたが、もう1冊「マイクレド」のことを書いた本があります。
 
 「すごい会議」で有名な大橋禅太郎氏の『行動力力』という本。
 
 この本も、本当にスゴイ本です。
 
 この本をこれまで紹介しなかったのは(いや、実は「本棚を整理してみた」の記事の最後に書いてはいるんですが)、村尾氏の『マイクレド』と比べて「軸の作り方」や「クレドをどう作るか」という部分で弱かったからです。
 
 ですが、「行動すること」のパワー、価値、行動したくなるワクワク感をイキイキと伝えてくれるという意味では、本当に学びの多い本です。いや、刺激的な本です。
 
 村尾氏の本で十分にワークをおこない、マイクレドが出来た人、それを毎日眺めて自分の軸が固まってきた人には、心からお薦めします。
 
 それから、村尾さんの本を読んでも、イマイチ行動につながらなかった方にも!
 
 
 
 自分の軸と、日常の深い思索・哲学の上にある「素早い行動」は、見ている人を圧倒します。
 
 私は大橋さんとは1度お目にかかっただけなのですが、その行動力には唖然とするぐらい圧倒されました。
 
 そう「唖然」なんですよ。
 
 みんなでお茶を飲んだレストランのレジ担当者の応対が素晴らしいと思ったら、即お礼、感謝の言葉。
 
 講演会で、前に講演した人の話が素晴らしかったら、即興でテーマを変えて(もちろん話の軸は変えずに)講演。前の講演の学びを深めつつ、大橋さんの講演からの学びをいっそう大きなものにするという素晴らしいサプライズ。
 
 そして、講演会の翌日には全員に即メールのお礼。
 
 
 
 彼は「がんばってやる」のではなく「楽しんでやっている」から早いんです。その秘密というか、楽しみ方の極意を、「マイクレド」を中心に語っているのが、この本。
 
 この本に紹介されている彼のマイクレドは3項目のみ。
 

○わくわくする方を選ぶ。
 
○手間を惜しまない。
 
○遊び心を忘れない。

 
 なんと!
 
 なんだろう、このゾクゾクする感じは。
 
 たぶん、大橋さんの行動を目の当たりにしたことがない人が、この3項目を読んでも「ふーん」で終わると思います。
 
 が、彼を知っている人、あるいは彼の著書『すごい会議』を読んだことがある人なら、ワクワクし始めるはずです。(私の場合は「ゾクゾク」だったわけですが。)
 
 そして、彼を知らず、ワクワクもゾクゾクもしなかった人でも、この本を読み終わる頃には、私の感じたワクワク感が理解できるはずです。
 
 
 
 いかん! すぐにマイクレドを作るぞ! わくわくの毎日を過ごすぞ!
 
 
 
 と思うはずです。
 
 
 
 そして、そして、ここからが大事!
 
 本の中でゾクゾクかワクワクか、何か燃えるものを感じたら、その大橋さんのエピソードやノウハウをすぐさま書き出して、自分の日常に落とし込んですぐに行動に移すか、「明日、これをやるぞ」と紙に書いて机に貼ってください。
 
 そして、それを実行してニンマリしている自分を妄想してください。
 
 ここでワクワクした心の揺れを、明日に間違いなくつなぐこと
 
 これが「自分を動かす」秘訣です。
 
 もし、マイクレドを作っていないのであれば(村尾さんの本もDVDも持っていないのであれば)、すぐに作りましょう。
 
 大橋流、超簡単マイクレド作成法も紹介してあります。
 
 
 
 ちなみに、私はP.114からの「いちご」の話に猛烈に感動しました。(読んでからのお楽しみ!)
 
 そして、「そんなスゴイいちご」を、どうしたら生み出せるだろうか、そんないちごと出会った時に、大橋さんのような「ササニシキと…」てなクールなコメントを言えるようになるには、どうしたらいいんだろうか、と真剣に考えました。
 
 
 
 やっぱり行動するしかないな。
 
 やっぱり本物を体験するための労力を惜しんだらだめだよな。
 
 去年まで「やろう」と思ってやらなかったことを、今年はすべてやり尽くすぞ。
 
 それも「自己満足」のために!(この話はP.112に♪)
 
 
 
 自己満足を徹底的に追求して、周りの人も徹底的に満足してもらう。その【私】と【公】のバランスを上手にとれる自己満足を追求しよう、、、ということで、今年、猛烈に燃えています。
 
 その燃える心を明日につなぐために、マイクレドと定期テストカードを、自己満足300%レベルで気合いを入れて作ったわけです。(笑)
 
 村尾さんの本で軸を作り、身近な尊敬すべき友人達から行動する力をお裾分けしてもらい、大橋さんの本で加速した感じです。
 
 
 
 まだ、行動できずにいるあなた。
 
 もう2月です。変わるなら今ですよ!
 
 村尾さんの『マイクレド』と、大橋さんの『行動力力』とを、この週末と次の建国記念日で読み尽くし、ワークし尽くし、残りの10ヶ月を充実させましょう!
 
☆『マイクレド』関連記事
>>http://www.sr20.jp/yomoyama/2010firststep.html
●●

大橋禅太郎
サンクチュアリパプリッシング
2009-07-24
おすすめ平均:
行動するまでに時間がかかる人におすすめ
毎日ワクワクしてる? 冒頭のこの言葉にやられました!
ガチガチに硬くなった頭を柔らかくしてくれる
posted by Amazon360

本日の充実度本日の本の種類
※勝間和代著『やればできる』、『会社に人生を預けるな』…ま、そういうことで!
※越川 禮子著『三六九の子育て力』…子育て、人としての振る舞いについて大事な軸をもらいました。

投稿者 てら : 2010年02月05日 17:25 

トップへ戻る 投資に利回りを乗せる「運用」の鍵は…! [書感]行動したくなるワクワク感をもらえる1冊 重い「最初の一歩」を踏み出す! カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/399

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る