寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

未来へのバトンをどう渡すか? このエントリーを含むはてなブックマーク 

 「年度末」。今年初めての「節目」ですね。
 
 3日坊主はともかくとしても、モチベーションってのは、だいたい2〜3ヶ月もすると下がり勝ち。
 
 それを、この節目で心機一転まき直しましょう。
 
 1月に「年初」、3〜4月に「年度末・初め」、9月に「○○の秋」。さらに自分の誕生日や、大切な人の命日があって・・・、結構、年中「気持ちの切り替え」のタイミングにあふれています。
 
 
 
 節目にやることは、当初に立てた「目標・期待」と「現実」を照らし合わせて「評価」すること。
 
 ってことは、スタートの段階で、「よし、やろう」という気持ちを、「未来の自分への期待」という形で言葉にしておくことが必要です。
 
 「数値目標」や「期限設定」があるとベターですが、「具体的な行動目標」、たとえば「毎日1つ、落ちているゴミを拾う」というようなものでも十分に評価が可能です。
 
 
 
 ということで年度末。評価の時期ですよ。
 
 年始に「期待」を表明していなかった人は、あらためて年始の期待を思い出してみてください。その上で評価。
 
 この3ヶ月を振り返って、自分の期待に応えきれていますか?
 
 もし、期待とずれていれば「なぜ、期待通りに行かなかったのか?」っていう「プロセスの検証」をします。
 
 その上で「では、どうしたら次の3ヶ月を充実させられるだろう?」という「プロセスのデザイン」をしておきましょう。
 
 なんとなくではなく、具体的な「取り組むべき小さな行動」を考えてみましょう。
 
 もちろん、やれたことは「よし、やれた!」と確認する。できればスタンプを押すとか、シールを貼るとか。そういう作業がモチベーションをアップしてくれるものです。
 
 この「過去」を振り返り、「未来」に『バトン』を渡す作業をこまめにできると、間違いなく成長を積み上げていくことが出来ます。
 
 
 
 さて、あなた。
 
 新年に立てた目標、順調に「達成」に向かっていますか?
 
 この節目を利用して、ぜひ中間決算をしておきましょう。
 
 
 
★参考になるエントリー
 
☆『本を読んだ。さぁ、実行しよう!─あなたが作りたいのはどちらのメモ?
 ・・・本を読んだ後に行動目標をメモしよう!
●●

投稿者 てら : 2010年03月17日 18:26 

トップへ戻る たまには哲学チックな本もいいもんです♪ 未来へのバトンをどう渡すか? 子どもには、英語より工作! カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/419

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る