寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

定期テストメモの使い方 このエントリーを含むはてなブックマーク 

 先日、メモは2種類作り分けよう!てな話を書きました。
 
 その後、「定期テストメモの活用法を教えて欲しい」という話をいただきましたので、ちょっとご紹介。
 
 まぁ、基本的に前の記事で書いたように、「よし、これ実行しよう!」と思ったものをチェックリストのカタチで書いていけばいいわけです。
 
 私は自分で作ったチェックシートに、本から得た「やるべきこと」を書き込んで、時々見直すようにしています。
 
 あとは、それを見直す(眺める)仕組みを作るだけですね。(これが一番難しかったりして!)
 
 
 
 実はもう1つ、実験的にやってみていることがあります。
 
 マイクレドの内容から「今月の重点アクション」を作り、それをマイクレドの裏面に印刷して持ち歩こう!というものです。
 
 今月の重点アクションチェックリストはこんな感じです。

 
 毎月、こんなものを作っていたら面倒なので、名刺用紙12枚に、マイクレドとセットで、裏面に「□」だけを印刷したものを用意してもいいかなと思っています。
 
 これだと「具体的なTo Do」が見えにくいのですが、それはスケジュール帳のTo Doリストを活用するってことでいいかな、と。(今のところ)
 
 あくまで「今、自分にとっての最大の課題は何か?」を自分に教え続けるためのものです。
 
 
 
 常に立ち返るべき軸はマイクレドに書かれています。
 
 この「今月の重点アクション」は、今月の学びのテーマや行動のテーマのうち、重要なものを書いておくわけです。
 
 これをことあるごとに取り出して眺める、と。
 
 スケジュール帳のTo Doリストと、カレンダーの「学習・充実度チェック」と、うまく連携させていきたいと思ってます♪
 
 
 
 また、途中経過をご報告しますね。(^^)
●●

本日の充実度本日の本の種類
※えっと・・・なんだっけ?(後で書き直します。)

投稿者 てら : 2010年01月14日 12:42 

トップへ戻る 【第154回】「魂の昭和史」「一瞬で心をつかむ話し方」 定期テストメモの使い方 ブランドコンシャスな発信してる? カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/379

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る