寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

本の読み方 このエントリーを含むはてなブックマーク 

 昨日、東京でフォローアップセミナーをおこないました。
 
 そこに参加していらっしゃった方(経営者をなさっている方)から質問がありました。
 
 ワークとして10分で本1冊読んで、それを隣の人に語ってもらったのですが、そこで読んだ、日本におけるブルーオーシャン戦略について書かれた本を、どう処理すべきか悩んだ…と。
 
 1冊10分でも読めてしまうわけです。読み方によっては。
 
 ある意味で、勉強をしっかりなさっている方にとって、ブルーオーシャン戦略というのは、別に難しい話ではありません。
 
 具体的な事例もたくさん書いてあって、「あー、なるほどー」というレベルであれば、確かに10分でも読めるんですね。
 
 
 
 ただ、それでは「知る」というレベルで終わるのではないか、と。それはその通りです。はい。
 
 知っているだけでは意味がないことは十分に分かりますよね。
 
 で、どうしたらいいのか?
 
 
 
 このような本を経営者として読むときのスタンスには、2つあると思います。
 
 1つは、自分の教養として「知っておく」こと。
 
 具体的な事例をすべて覚えておく必要はありません。どうせ忘れますし。必要なときに参照できればいいわけですし。
 
 大切なことはブルーオーシャン戦略を自社で実践しようとしたときに、どういう視点が必要なのかを理解しておくことです。いざとなったら使える状態にしておくこと。
 
 いつでも参照できる参考書にするために、その本のトレーサビリティーを高める作業をしておけばOkでしょう。(ぶっちゃけ、線を引いて、付箋とレッテルを貼って置くってことですね。)
 
 
 
 次に、部下を育てるためのワークブック・ケーススタディ集として「活用」すること。(もちろん、自分のワークブックにしてもいいんですが。)
 
 いずれにせよ、「活用」つまり「読んだ後」に重きを置くわけです。
 
 数学の参考書のような使い方といえばいいでしょうか。
 
 1章ずつ丁寧に読んでいき、それを我が社に置き換えるとどうなるか?ということをシミュレーションしていくわけです。
 
 これをグループワークとしておこなうと、かなりのトレーニングになるのではないでしょうか。
 
 そういう読み方もあるわけです。これなんか、読書会の1つのパターンですね。
 
 
 
 結局、読書のTPOをどう設定するのかっていう、根本の話に戻ってしまいます。
 
 両者の読み方に共通して必要なのは「下読みで概要とポイントをつかみ、次のフォーカスを明確にする」こと。
 
 その後は、設定されたフォーカス次第で、様々な読み方を選んでいけばいいですね。
 
 本の読み方が1通りしかないとしたら、そちらの方が不自然なんです。教科書の読み方だって、教科によって様々でしたよね!
●●

投稿者 てら : 2009年07月13日 09:19 

トップへ戻る コミュニケーションの力を体感! 本の読み方 twitterどうよ? カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/278

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る