寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

速読とハサミは使いよう… このエントリーを含むはてなブックマーク 

 この前の土日、大阪と東京でフォローアップセミナーを実施してきました。
 
 温度差は様々なのですが、まぁ、速読の技術としては、みなさん概ね問題なし。
 
 速読って、体の感覚なので、使っていなければ相応に鈍ります。自転車にしばらく乗っていなかったら、スピードの出し方とか、人混みをスイスイ縫って走る感覚とか鈍るのと同じですね。
 
 ちょっとトレーニングをするとすぐに戻ります。
 
 ただ、問題が1つあるんですね。そして、多くの皆さんが、ここでつまずきます。
 
 
 
 何のために本を読むのか、どんな本を読むのか、そういう大きなビジョンとかデザインが見えなくなるんです。
 
 
 
 う〜ん。これは問題だ。
 
 『フォーカス・リーディング』の中でも書いているわけなんですが、速読なんてものは1つの技術に過ぎません。
 
 言ってみれば「よく切れるハサミ」のようなもの。
 
 ハサミがあっても、何を切りたいかが分からなければ何も切れません。頭に絵を描いていないと、意味のないゴミを増やすだけです。
 
 年明けからは、福岡・東京・名古屋で速読オフ会(速読読書会)を開きますので、技の磨き方とセットでデザインの描き方を講座に組み込み、長いスパンで支援できるようにしたいと思っています。
 
 フォローアップセミナーが年間14〜16回ぐらいあります。(東京10回、福岡・名古屋・大阪各3回を予定)
 
 これに、東京・福岡・名古屋で毎月1回の速読オフ会。
 
 
 
 「なんか速読の感覚が鈍ったからフォローに来ました」ではもったいない!
 
 自分の成長のデザイン、学びのデザインを明確に描いた上で、それにふさわしい本の読み方をしてもらいたいところ。
 
 読書に磨きをかけ、学びを加速するためにこそフォローアップであって欲しいところですね。(^^)
 
 
 というわけで、1月の講座から「学びのデザイン講座」を採用してみようかと企んでいます。
 
 ってことは、最終日は18時終了かな。。。やっぱ1時間延長しないと無理ですわな。
 
 すでに速読をマスターした人も、まだマスターしていない人も、とりあえず「学びのデザイン」を考え、その上で「その読書のTPO」を明確にして読書に向かってください。学びが変わるはずですよ! d(^^*
 
☆参考記事:『「O」を意識しよう!』
●●

投稿者 てら : 2009年12月09日 19:45 

トップへ戻る あなたの商品価値を正しく伝える方法とは? 速読とハサミは使いよう… 【第150回】「ひと月に百冊読み、三百枚書く私の方法」1,2 カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/358

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る