寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

[書感]なぜ美味い?フランス料理の謎 このエントリーを含むはてなブックマーク 

※あらかじめお断りを。今日の記事は産経新聞Web「Iza!」と、まったく同じ内容です。
 
 フランス料理って、なんであんなにソースコテコテで、それでいて素材の良さを引き出す美味な料理が多いんでしょう?
 
 「棚ぼた」って言いますが、どうやったら棚からぼた餅が降ってくるっていうんでしょう?
 
 道草って食べてもアタラナイんでしょうか?
 
 
 
 世の中には、成功している人成功できずにくすぶっている人の2種類がいます。
 
 世の中には幸せな人と、幸せじゃないと思っている人の2種類がいます。
 
 世の中には何をやってもうまく行く人と、何をやってもダメな人の2種類がいます。
 
 これって、何が原因で決まるんでしょうか?
 
 たぶん、これらの2種類の人々の分かれ道にあるのが、上の3つの謎のタネなんです。
 
 
 
 
 世話になっているコンサルタントさんが本を出すってんで、本を送っていただきました。
 
 もともとは単なる町工場の社長。気のいいオジサマ。
 
 その社長が社員向けに配っている社内報が、あまりにもオモシロイ!ということで口コミが広がり、いつの間にか人気メルマガになり、いつの間にか満席御礼のセミナーが開かれるようになり、いつの間にか書籍になってしまった、という変わり種。
 
 私も彼にはずいぶんとお世話になりました。集客の手伝いをしていただいたり、本のアマゾンキャンペーンをナビゲートしていただいたり・・・。
 
 
 
 そして、私は「林さん」と普通に敬称を付けて呼んでいますが、なぜか周囲は「カカトコリ師匠」と師匠呼ばわりしています。
 
 なぜ?単なるコンサルタントなのに?と思っていたんですが、この本を読んで、やっと分かりました。2年以上のおつきあいなのに・・・。(笑)
 
 
 
 それはいいとして、この本のタイトルは『一天地六の法則』。
 
 
 
 おそらく、初めて聞く言葉ですよね?
 
 
 
 今、振ったサイコロの目が「1」だと主張するあなたに、林氏は言います。
 
 
 
 「サイコロの目は、本当に1なのか?」と。
 
 そして続けます。「サイコロの目は信じるな!」と。
 
 
 
 あなたが「どう見たって1が出たんだよ」と、しげしげと見つめるサイコロの裏には「6」の目が隠れています。
 
 
 
 その物事の裏側を見る眼を忘れるな。
 
 なにより、1回振って終わりにせず、納得がいくまで何度でも振ってみろ。
 
 林氏はそう続けるのです。
 
 
 
 幸も不幸は裏表。
 
 幸か不幸かは、あなたの胸先三寸。
 
 そんな言葉にしてしまうと、あまりに陳腐ですが、その、あまりにも大事な、それでいて、ついつい忘れてしまいがちな人生の真実を、様々な逸話に載せて、林氏は語ります。
 
 冒頭に挙げた3つの謎についても、人生訓として林氏は優しい口調で、その謎解きをしてくれます。
 
 
 
 1冊の本の中に、こういう目から鱗が落ちる、説得力のある話が83個も詰め込まれています。
 
 1話は見開き2ページ。肩肘張らずに読めます。
 
 どの話を読んでも、暖かい気持ち、前向きな気持ちになれます。
 
 
 
 この「あ、久しぶりに、あったかい、いい本に出会った」という感覚は、昨年末に出た『社長のための四字熟語』(武沢信行氏著)を読んで以来のような気がします。
 
 読書、なんて肩肘張らずに、社長の朝礼のお話を楽しむつもりで読んでみて欲しい1冊です。
 
 
 そして、そして、そして。
 
 あとがきで、著者の林氏は「この本、読んでどーすんの?」と読者に問いかけてきます。
 
 曰く、「この本は、人生の答えを得るためのヒントしか提供していません」と。
 
 読んだあなたが、何を考え、何を捨て、何を取りに行くか、どう行動するのか、そこが大切ですよ、と。
 
 それでも、この1冊は、明日のあなたの笑顔を、もっと明るくしてくれると確信できます。
 
 
 
 とっても分かりやすいことだから。
 
 あなたが忘れていたことを思い出させてくれる話だから。
 
 意外性のある切り口で、印象に残りやすい作りだから。
 
 そして、素直にうなずきながら読める語り口だから。
 
 ぜひ、手にとって、明日の自分に贈るメッセージを3つ探してみてください!
 
カカトコリ著『一天地六の法則』(サンマーク出版)
 
P.S.
 
この本、面白いことに、「初めての出版」の単なる一コンサルタントの本なのに、いきなり1万部出版だそうです。(ちなみに、私のフォーカス・リーディングは8000部でした。)
 
そして、発売1ヶ月前に、営業部から「この本、すごくオモシロイから大ヒット間違いない。増刷しましょう」といって、増刷になったそうです。
 
サンマーク出版といえば、自己啓発の覇者みたいな会社です。その営業部が「売れる!」と確信したってのは、なんとも伝説になりそうな本ではあります。。。
●●

カカトコリ
サンマーク出版
powerd by Amazon360

投稿者 てら : 2009年08月03日 13:40 

トップへ戻る 凄すぎるセミナーに行ってきた! [書感]なぜ美味い?フランス料理の謎 【第135回】「糸川英夫の創造性組織工学講座」 カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント

拙著を紹介していただき、ありがとうございます。

心より、お礼申し上げます。

本当に、書籍って、面白いですよね。

それなりに、付き合っているはずなのに、その著者さんの別の面がありますもんね。
(お互い様だけど 笑

こうして、寺田さんのコメントを読んでいると、「書籍は名刺にもなる」という言葉に
思わず、納得してしまいました。

紹介いただき、光栄です。

投稿者 カカトコリ : 2009年08月03日 14:11

お!著者様直々に!!
 
さっそくのコメント、ありがとうございます。(^^)
 
書籍は名刺ですか。確かにそうかも知れません。
ただ、「名刺の方が男前ですね!」なんて言われちゃったりして。(実際、よく言われますw)
 
なにしろ、この本のメッセージが、たくさんの方の心に届くことをお祈りしています!
●●

投稿者 てら : 2009年08月03日 15:54


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/293

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る