寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

ロジカルに「読む」の次に… このエントリーを含むはてなブックマーク 

 『ロジカル・リーディング』を読んで感銘を受けたところで、次に『ロジカル・ライティング』を読んでみました。
 
 読み手に負荷をかけない書き方をするには、どうしたらいいのか?
 
 その手法を、非常にロジカルに書いた本です。(いやー、当たり前ですか!)
 
 
 
 しかし、まぁよく「ロジカルに書く」ということだけで、これだけの本を書き上げましたねっていうぐらい、密度の高い本でした。
 
 この本に従ってトレーニングをすれば、相当な文章力が付くはず。
 
 「トレーニングをすれば」っていう部分が、相当ハードルの高い言葉になっているのは確かなんですが。
 
※日本でセミナーをやっているかどうか不明ですが、存在するならセミナー(というかレッスン?)を受講するのが一番いいでしょうね。
 
 
 
 私は大学受験予備校+高校で、7年間ぐらい小論文の指導をしていました。
 
 その経験でいうと、理論を学び、トレーニングをしていけば、誰でもロジカルな、説得力のある文章は書けるようになります。かなり短期間で。
 
 
 
 基本ってのは、本当に単純です。
 
 私が高校生に一番最初にやらせていたのは、次のような問題。
 

 平行四辺形ABCDがあります。
 対角線ACに、頂点B、Dからおろした垂線の足をP,Qとする。
 このとき、△ABPと△CDQが合同であることを400文字以内で証明しなさい。

 
 
 
 これって、実は中学校3年生で学ぶ証明問題なんですよね。お分かりでしょうけど。
 
 ロジカル・ライティングの基本は、この証明問題の中にあります。いや、すべてがあると言ってもいいぐらい!
 
 これができたら次の問題です。これも高校生にやらせる2番目のトレーニング。
 

 デザートの王様は何か?論じなさい。

 
 いかがでしょう?
 
 数学の証明問題は「答えは1つ」ですが、通常の論文の結論は「人それぞれ」です。デザートの王様も「りんご」という人もいるし、「パフェ」という人もいる。

 まさに人それぞれだし、読んだ人が本当に「うん、そうだよね」と言ってくれるかどうかは別問題。

 それでも「確かに、それはそうだよね」と言ってもらえる文章が論理的な文章って言っていいでしょう。
 
 
 
 証明・論理の手順は単純です。
 
 1.論点あるいは結論の提示
 2.結論を支える証拠の提示
 3.証拠がなぜ結論に至るのかという理論付け
 
 3ステップですね。
 
 
 
 単純に言ってしまえば、論理的な文章というのはこれが整った文章のこと。これがそろっていれば、ちゃんと説得できるんです。
 
 それを、さらに細かく磨いていきましょうっていうのが冒頭に紹介した『ロジカル・ライティング』という本。
 
 せっかく、久しぶりにロジカルな書き方を確認したんで、今作っている企画書を、もう1度、この観点から点検してみようと思います。
 
 ホームページやセールスのチラシも、まったく同じ手順で行けますので、サイトのトップページも見直してみますかね。(^^;
 
 
 
 あなたが発信しているメール、社内文書、ブログの記事は、ちゃんとロジカルな流れがありますか?
 
 ちょっと確認してみてもいいかも知れません。いや、確認して「ありゃりゃ…」という状態なら、ちょいと時間をかけてトレーニングしてみることをお薦めします!
●●

powerd by Amazon360

投稿者 てら : 2009年07月29日 15:52 

トップへ戻る twitterどうよ?(3) ロジカルに「読む」の次に… △の合同を証明してみる カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/290

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る