寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

新年度始動の今が「仕組み」を作るチャンス! このエントリーを含むはてなブックマーク 

 4月、新年度が始まって最初の週末が明けました。
 
 あなたの2010年度は快調な滑り出しですか?
 
 
 
 何となく過ごす時間って、本当に「流れ去る」もの。
 
 そして「時間」と一緒に「日々の気づきや学び」も流れ去ります。そして、気づきや学びと一緒に、「目標への階段」も流れ去ってるって話ですよ。
 
 流されていく理由は簡単。
 
 1つには、モチベーションが下がってしまうってこと。「毎日コツコツ」は、分かりきったことですが本当に難しいものです。
 
 もう1つは、積み上がる仕組みがないってこと。
 
 セミナーで学んだ時や、本を読んだ時の「気づきイッパイ!」の高揚感も、3日経つとよどみに浮かぶうたかた・・・。
 
 毎日、気づきと学びにあふれているようでいて、その実体は「かつ消え、かつ結びゆくうたかた」のような存在。
 
 だからこそ、その一瞬の「うたかた」を瞬間冷凍して切り出して、積み上げていく仕組みが必要なんです。
 
 
 
 通販のカリスマと呼ばれる岡崎太郎氏は、この「消えゆく気づき」を残していくことの重要性を力説し、それを結晶化させるツールとして「モチベーションシート」を提案しています。
 
 氏は「今以外のいつを生きるの?」と、あなたに問いかけます。
 
 その「今」を充実させ、コツコツ積み上げていくことで、未来を切り開いていく可能性が見えてくるはずだよ、と。
 
 今を充実させられず、今を反省できないのに、どうやって未来が開かれるのか…というわけですね。
 
 だから、よくある「PDCAサイクル」ではなく「DCAPサイクル」で行動しろ、とも提案しています。
 
 まずは行動して、そこから見えてくる未来を、さらに大きく広げていこう、と。
 
 
 
 4月、せっかくモチベーションが上がっているのに、それを明日につなぎ、積み上げていく仕組みができていないあなた。
 
 まずは、今の「気づき」をちょこちょことメモするところから始めてみましょう。
 
 そして、「今日」を振り返り、「明日」にバトンを渡す仕組みを作りましょう!
●●
 
P.S.
★寺田お薦めの1冊です。年度初めに、ぜひ読んでみてください!

岡崎 太郎
フォレスト出版
2004-11-10
おすすめ平均:
posted by Amazon360

投稿者 てら : 2010年04月05日 11:47 

トップへ戻る 【第160回】「伝える本。」「滴みちる刻きたれば 第二部」 新年度始動の今が「仕組み」を作るチャンス! 新年度、何かお薦めの本ってありますか? カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/422

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る