寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

新著企画の大どんでん返し! このエントリーを含むはてなブックマーク 

 ただいま18日、25:29。1度、寝かかっていたものの、ホテルのエアコンが壊れていて寝苦しくなって起きる羽目に。
 
 新しい部屋を用意してもらったものの、寝るタイミングを逸して寝付けず。無念。
 
 そういうわけで、ちょいと仕事モードです。今から、新著の企画書の仕上げをしようかと。
 
 
 
 昨年12月、プロデューサーのコンサルティングを受け、社会人のカリキュラム・デザインについて語る本を書こうってな話で企画作りがスタートして、早7ヶ月。
 
 先週になって、7割方、仕上がったところで「やっぱオモシロクナイので企画を変えましょう」との提案。( ̄Д ̄|||ハッ?
 
 
 
 そこから、急遽、新しい企画書を作ることに・・・。
 
 7、、、7ヶ月間、温めてきた想いが・・・。(−−;
 
 
 
 とはいえ、凹んでる暇などありませんので、新たな企画をエイヤッ!と書き上げること3日。
 
 できました。なんとかなるものです。はい。
 
 
 
 で、プロデューサー氏の反応は?
 
 
 
 「いいじゃないっすか!前の企画より絶対面白いですよ!」と。。。
 
 7ヶ月の想いと3日の勢い。。。では。。。3日の勢いが勝ち!
 
 大橋禅太郎氏のスゴイ会議によれば、30秒で考えついたことと、30分かけて熟考したことと、結果としてあまり変わりはない、と。
 
 この場合も、同じことのようで。。。。
 
 
 
 前作もそうでしたが、時間をかけすぎると、想いが行間を埋め始めて、人に伝わらない言葉が並び始めるんです。
 
 それで、短期間で「エイヤッ!」って書いたものは、一気通貫の勢いというか、流れとテンポのよさが生まれる気がします。
 
 これは、石原明氏にも指摘されたことです。本は一気に書き上げなければダメだって。
 
 
 
 そういうわけで、当初のもくろみとはまったく違う方向に進むことになって新著企画。
 
 来週中には完成させて、出版社とプランを立てることになりそうです。
 
 
 
 あらかじめ宣言しておきます。
 
 次回作は、限りなく「うすい」本を書きます。
 
 読むことよりも、実行することにエネルギーを使って欲しいから。
 
 薄い本ばかりが売れる時代もどうかと思いますが、行動を促す本は薄い方がいいと思っています。
 
 てなことで、今から企画書作りに取りかかります!
●●

投稿者 てら : 2009年07月19日 01:42 

トップへ戻る ノンアルコールビールの目指すもの 新著企画の大どんでん返し! 読書力に大きな問題がある場合 カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント

クーラーの故障、本当にお気の毒でした!
昨晩はそうとう暑かったのに。

ジャン!新企画成就おめでとうございます。
読んだら、矢も立てもたまらず行動したくなるご本
心待ちにしています。
やらない言い訳がすっ飛んでいくようなのをお願いします!!!

投稿者 アネ : 2009年07月19日 06:03

>アネさま

どもー。3日間のレッスン、お疲れ様でした。

クーラーも企画もヤレヤレでしたが、気分一新、がんばってまいります!

ではでは!
●●

投稿者 てら : 2009年07月21日 18:50


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/283

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る