寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

ノンアルコールビールの目指すもの このエントリーを含むはてなブックマーク 

 今日、前から気になっていたノンアルコールビールを飲んでみました。
 
 福岡市民としては、昨年の交通事故は本当にショッキングなできごとでしたし、それ以降、飲酒運転撲滅の取り組みが厳しさを増していることは、非常にいいことだと思っています。
 
 ま、そんな流れでノンアルコールビールが続々登場しているわけです。
 
 「運転手さんはソフトドリンクを!」・・・だけど、運転手さんだけ悲しい思いをしなくていいように、ビールに代わるものを!という流れは自然なことですよね。
 
 
 
 実際、飲んでみてどうだったか。
 
 一口飲んで「おーっ!ビールっぽい!」と感激しました。
 
 そして、3秒後に、後口の悪さに閉口しました。(ーдー
 
 ビールの味に似せるために、いろいろ混ぜものをしたんだろうな・・・と思わせる、複雑な味が舌に残ります。
 
 
 
 ビールの代わりに発泡酒を、という流れができた10年前も同じような感想を持った記憶があります。
 
 代用品は所詮、本物の代わりはできない。
 
 だからこそ、各社とも「ビールの廉価版ではなく、新しい飲み物」として“リニューアルなんだけど新発売”という売り方をしたんだと記憶しています。
 
 
 
 今回のノンアルコールビールも同じ路線で改良されるのか。あくまで「まがいものビール」を目指すのか。気になるところです。
 
 
 
 その、ビールらしきものを飲んだ後、地下鉄銀座線に揺られながら、我が身を振り返ってました。
 
 私には高校時代からず〜っと尊敬している師匠がおります。
 
 人柄のよさ、思考の鋭さ、視点の鮮やかさ、表現のうまさなど、何をとっても敵うところがありません。
 
 ま、私より30年ぐらい長く生きていらっしゃるワケなので、追いつきようがないのは確かです。年の差は縮まりませんからね。
 
 でも、その師匠の30年前のレベルに、私は届いているだろうか?と思ってしまうわけです。
 
 たぶん、ぜんぜん届いていないんです。
 
 でも、そもそも「追いつこう」と思う方が無理なのかな、と思いもするわけですよ。
 
 所詮、私は師匠にはなれない。生きた環境も、好みも、DNAも何もかも違うわけですから。
 
 別に「オンリーワン」なんていう逃げ口上を出さなくても、その人と同じところを目指すのではなく、私らしく、師匠のような視点や思考や、生き方のレベルを目指せばいいんだ、と。
 
 
 
 ノンアルコールビールを飲んだことがある方は、どういう感想をお持ちですか?
 
 私は無理にビールで乾杯!のフリをしなくても、ペリエで乾杯してもいいじゃん、なんて思ってしまいました。
 
 ペリエで博多の美味い魚をいただくのはNGだと思いますが、居酒屋で出てくる揚げ物、焼き物ならOKではないかとも思う次第です。
 
 これからノンアルコールビールがどう改良されて、どういう発展をしていくのか。どうなんでしょう?
●●

投稿者 てら : 2009年07月17日 20:19 

トップへ戻る twitterどうよ?(2) ノンアルコールビールの目指すもの 新著企画の大どんでん返し! カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/282

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る