寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

飛行機搭乗時間の有効活用 このエントリーを含むはてなブックマーク 

 月に1〜2度ではありますが、飛行機で東京・福岡を往復します。今月はなぜか毎週往復していますが・・・。
 
 飛行機に乗っている時間は、約1時間半。
 
 日常生活の中で1時間半もの「まとまった時間」が確保できるタイミングというのは、そうそうありませんよね。
 
 ですから、この時間をいかに充実させるかっていうのは、私にとって重大な問題です。
 
 まず、よくあるパターンが「睡眠時間に充てる」こと。
 
 日常、だいたい4〜5時間しか寝ていないので、この1時間半は貴重です。はい。
 
 ですが、これを「学び」に活かそうと思ったら、あなたなら何をするでしょう?
 
 本を読むというのも「あり」ですね。ただ、本は、よほどおもしろい本でない限り、気がついたら睡眠時間に充てる・・・状態になってしまいます。
 
 飛行機に限らず、交通機関のシートって、どうしても後ろに背中が傾いてしまいますからね。これは眠くなって仕方がありません。
 
 今回、たまたま人脈に関する本を2冊、カバンに入れてオフィスを出てました。(坂田篤史著『28歳までに他社からスカウトされる人脈術』、千葉智之著『出会いの大学』)
 
 が、この2冊は地下鉄の車内(20分)+ロビー(10分)で読み終わってしまったので(ある意味で予定通り)作戦変更。
 
 これまでに切り抜きしておいた雑誌や新聞の記事、セミナーの資料の復習と整理に宛てることにしました。実はこれが一番重要かも知れません。
 
 なぜ重要かっていうと、復習の時間ってのは、あえて時間を確保しないとなおざりになってしまうからです。
 
 資料性のあるスクラップは、ファイルに綴じ込んであるのですが、自分の思考や行動に活かしていこうっていうものは、クリアファイルに挟み込んで持ち歩くようにしています。過去に受けたセミナーの資料・レジュメも一緒に挟み込んであります。
 
 ことあるごとに読み返してはいるのですが、まだまだ自分の中に入ってきていない、あるいは実践がともなっていないこともあります。
 
 そういうものを、To Doリストに実践項目を書き込み、さらなる意識付けをおこなうのが狙いです。
 
 あと、時間が経っていますので、ずいぶんと自分の中でこなれてきて、自分の文脈で語れるようになっているモノもあります。そういうものは、また別のエリアにメモしておきます。
 
 実際、この「復習に宛てる」というのが、私の場合は、一番有効に使えるような気がします。月に1〜2回は確実に実行できるわけですし。
 
 そうそう。セミナーの資料を読み返して、あらためて感じたのですが、3ヶ月も経つと、レジュメの項目や自分のメモを見ても、どんな話があったのか概要以上には思い出せないんですね。(笑)
 
 でも、そこにあるメモが「講演者の言葉のメモ」ではなく、「自分の問題意識で書き取った思考のメモ」だと、過去の自分からのメッセージとしてガツンと響いていきます。
 
 私は講演会の時は(そんな機会はめったにありませんが)、最初に「何を聞きたいのか、何を期待してこの会場にきたのか、まず確認して紙に書いてみてください」ってお話しします。
 
 本であれセミナーであれ、話者・著者のメッセージをただコピーしただけのメモは、最終的には自分のものにはなりません。そもそも忘れてしまいますし、覚えていたところで自分の中の言葉・思考にはならないんですね。
 
 でも、セミナー中に、自分の問題意識で考えたこと、感じたことをメモしておくと、それは時間を経ても、しっかりと響いていきます。もともと自分の内側にあった言葉なので。
 
 もちろん、著者・話者の言葉や思考を手に入れたいっていうこともありますが、そういう時はメモではなく、CDセミナーを買って何度も聞くとか、本を何度も読むとか、丸ごと復習できるメディアで手に入れた方がいいですね。これは、言葉をメモという断片にしてしまわず、文脈丸ごとで味わわないと、言葉のパワーが激減してしまうからです。そして、そういうパワーのある言葉を何度も積み重ねていくわけです。
 
 さて、あなたは、ちょっとした細切れ時間、どういうふうに活かしていますか?
 
 そして、セミナーや雑誌の切り抜きなどを整理したり、復習したりする時間は確保できていますか?
 
 ぜひ、無理のない、効果的に学びを積み上げられる方法を作りましょう!
●●

投稿者 てら : 2009年01月29日 19:49 

トップへ戻る システムを利用する 飛行機搭乗時間の有効活用 【書感】あなたが会社の人財になるための、たった1つの戦略 カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/150

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る