寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

もやもやが残りました… このエントリーを含むはてなブックマーク 

 3日間の講座終了時に、みなさんに一言ずつご挨拶をいただきます。
 
 その中で「もやもやしたものが残りました」という声が少なからずあります。
 
 そして、これは主催者である私が意図的に演出している「もやもや」です。
 
 初日に「最終日が終わった段階で、やったー!なんていうすっきり感は残りませんよ。もやもやしながら、明日からがんばらなきゃやばいなーって想いながら帰っていただきます」と宣告します。
 
 「すっきり」、「できた」という感想を持って帰る講座は、基本的に技術を習得する講座としてはダメだと思っています。
 
 「修得できなければ返金します」なんていう講座は、満足感を必要以上に高めて終了します。こういう講座を「クローズドエンド」といいます。
 
 それに対して、受講者に一定の成果・果実をつかませながらも「まだ、やるべきことがたっぷりある」と感じさせて終わる講座を「オープンエンド」と言います。
 
 オープンエンドでなければならない理由は簡単です。
 
 当日で満足してしまうと、翌日からの実践トレーニングをやらなくなるからです。
 
 講座でできたつもりになっても、家に帰れば感覚は狂います。その狂った感覚を実践演習を通じて乗り越えて初めて「本物の技術」になるんです。
 
 だからこそ、2週間の事後フォローと、定期的なフォローアップセミナーを開催しているわけです。そして、気持ちが確実にそっちに向くように、オープンエンドで終了するようにしているのです。
●●

投稿者 てら : 2008年02月13日 21:01 

トップへ戻る 受講者の成果 もやもやが残りました… 【第67回】「儲ける仕組みは社長が作る」「雨がふってもよろこぼう!」 カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/73

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る