寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

子どもには、英語より工作! このエントリーを含むはてなブックマーク 

 うちには、なぜかディズニーの英語教材が一揃い眠っています。
 
 妻が「子どもの頃に英語に親しませておきたい」とか言って、いつの間にか買っていたシロモノ。
 
 なんで「子どもの頃に」なのか意味不明です。
 
 でも、この「子どもの頃に英語」の幻想って多いような気がします。同じマンションのママ友も、二人のお子さん(一人が小1、一人が2歳)を連れてアメリカに1ヶ月ロングステイしてらっしゃいました。
 
 目的は「子どもの英語の耳を作るため」だそうで。。。
 
 
 
 「英語をやるなら3〜9歳までに」とかいう類の話は、基本的に根拠はありません。
 
 あったとしても、ほとんど価値がありません。
 
 アメリカに移住するなら別でしょうけど、日本にいたら、どうせ英語なんて使いませんから、手に入れた能力はすぐに衰えます。
 
 アメリカに移住するんだったら、別に何歳でも英語を使いこなせるようになりますしね。(笑)
 
 結局、無意味。
 
 
 
 そもそも、うちの妻は高校の英語教師ですが、彼女は18歳から英語の勉強を本格的に始めて、今、ペラペラです。
 
 自分は3歳までに英語の勉強をやってなかったけど問題なかったってこと、なんで気付かないんだろうなんて思いますよね。
 
 まぁ、子どもが楽しんで聞いてくれるんだったら、勝手にやれば?とか思うんですが、英語のCDかけ始めたら嫌がりますからね。思いっきり。(苦笑)
 
 そんな無駄なことやるよりも、子どもの知恵とか創造力とか、器用さとか、次につながっていくようなことをさせた方がいいでしょ。
 
 そういうわけで、我が家は今、NHK教育の「わくわくさん」と一緒に工作してます。
 
 作るのはたいていパパですが、少しずつハサミとか、ノリとか、カッターとか使っていって、「ものを作る」楽しさを感じてくれればいいかなって思ってやってます。
 
 何かを教える最初の一歩は「やってみせる」ことと「楽しませる」ことですからね。
 
 また、何かオモシロイ子育てネタが出てきたらご報告しますね。(^^*
 
☆空き箱で作ったソファと、厚紙を切って作ったドレッサー

●●

投稿者 てら : 2010年03月19日 17:18 

トップへ戻る 未来へのバトンをどう渡すか? 子どもには、英語より工作! 【第160回】「伝える本。」「滴みちる刻きたれば 第二部」 カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/420

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る