寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

レコーディング読書術 このエントリーを含むはてなブックマーク 

 本がそれほど好きではないという人が、読書をどう細く長く続けていくかというのは、非常に大きな問題です。
 
 これまで、多くの読書の達人から、様々な手法が提案されてきました。最近出版された丸山氏の『いつも目標を達成している人のための読書術』では、ブログをつけ、インプットとアウトプットを連動させて仕組みとして回そうという提案がありました。
 
 また、作家の荒俣宏氏は「読書を冒険にしたり、恋愛にしたりすればいい」と提案します。
 
 しかし、やっぱり難しい。特に「がんばって本を読もう」っていう人にとっては。
 
 何らかフィードバックを受けることができれば続けられるのかな、とも考えてみたのですが、読んだ冊数を書いたり、シールを貼ったりしたぐらいでは、壁が乗り越えられない。。。
 
 そんな時に大きなヒントになったのが、 岡田斗司夫氏の『いつまでもデブと思うなよ』のレコーディングダイエットです。
 
 これって、単なる記録をつけようってんじゃないんですね。
 
 自分のなりたいイメージを描き、そこに向かっていく足取りを確認しつつ、さらにそこに近づけない自分をリアルに感じようっていうわけですよ。まぁ、これも一種のフィードバックですね。
 
 食べたもののカロリーを書き込むことで、「やばい!」という気持ちを生むわけです。
 
 これを読書に活かしたらどうだろう?
 
 読んだ冊数を記録するだけでなく、読まなかった日には強烈に「0」を目立つように書く。もちろん、その前提として、なりたい自分をしっかりと描き、そこに近づいていく自分をイメージするわけですよ。
 
 などということを考えていたんですが、昨日買った本田直之氏の『レバレッジ・オーガナイザー』が、まさにその発想で作られた目標達成マネジメント手帳でした。
 
 これはイイ!(^▽^)!
 
 まだ1日しか使っていませんが、かなり効果を期待できそうです。
 
 もちろん読書だけでなく、あらゆる自己投資と目標実現に効果が期待できます。
 
 さて、何でも3日坊主な私ですが、これからどう変わるか?
 
 追って成果を報告します!
●●

投稿者 てら : 2008年10月08日 06:56 

トップへ戻る 書評ブログは何を目指しているのか? レコーディング読書術 平野氏のメール仕事術に学ぶ カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/114

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る