寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

新年を充実させる準備を年末にする! このエントリーを含むはてなブックマーク 

 メルマガで「2010年のデザインを描こう!」という話を書きましたが、意外にも(?)いろいろなところで反響があったようで。。。
 
 環境ジャーナリストの富永秀一さんという方からは、1年を振り返り、新しい年の行動につなぐための記入用シートを作りましたと報告をいただきました。
 
☆『来年のデザインを描こう』 in 未来の人類に生命あふれる地球を残そう!
>>http://otomitv.seesaa.net/article/135313084.html
 
 こちらに掲載されている記入シートは「行動の第一歩」まで考えて記入するようになっていて、なかなか秀逸です。ぜひダウンロードさせていただいて、1年の振り返りをしてみましょう。(^^*
 
 このシートで振り返りと、新しい年への決意ができたら、あとはそれを「乗せていく仕組み」を用意するだけです。
 
 この「だけ」ってのが大変なんですが!
 
 
 
 私は福岡の小さな予備校で小論文講師をしてましたが、この予備校は合格率が抜群に高いんですよ。地元で、というか日本でおそらくナンバーワン。
 
 理由は簡単です。
 
 小規模な「クラス」があって、学級担任がいるんです。まさに高校の延長。
 
 丁寧な三者面談や、学習進度チェック、もちろん出欠のチェックもあって「やらざるをえない」環境が整っています。
 
 
 
 その次に成果を上げている予備校が、地元の中堅どころ、北九州予備校です。
 
 ここは出欠データを定期的に保護者と出身校に送りつけます。(保護者にも送っていたと思いますが、どうでしたっけ?)
 
 かなりの強制力ですよ。これは。
 
 
 
 つまり、予備校生っていう学ぶモチベーションが高い人たちですら、仕組みが整っていないと成果につながりにくいわけなんです。逆にそれがあれば、必然的に成果がでる、と。
 
 だから、強制力を持たせるためにも勉強会に参加しましょうっていう話なんです。(メルマガで書いた話です。)
 
 できれば気の合う少人数を中心に「公募」して緊張感をを作るといいですね。異性が入ると馴れ合いを防ぐことができますのでお薦めです。(経験上!)
 
 私も年明けから勉強会に参加する予定なのですが、私の場合、何かを勉強したいというよりも、勉強したい人をウォッチしたいってのが本当のところ。(笑)
 
 あと、仕組み作りの部分で、どういうツール、アイテムがあったら人は前に進めるのかっていうことを知りたいんですよ。
 
 幸い、知り合いに学ぶ意欲が高い若者がいて、勉強会を主催していますので、彼の所に混ぜてもらおうかと思っています。 >よろしく!小田さん!
 
 
 
 ツール、アイテムといえば、過去にシールとスケジュール帳を作ったことがあります。
 
 これはこれで効果があるのですが、やはり「環境」を整えるのが一番強いんですよ。本当はお金を支払って参加するようなものがいいのかも。高額な会費を前払いしておいて、1年間皆勤できたら会費を返金、休んだ回数に応じて減額みたいなシステムもいいかも知れませんね。(笑)
 
 来年からスタートする速読オフ会も、そういう環境整備の意味があります。
 
 これは、別にうちの講座を受講した人でなくても参加していただけますので、とにかく本を読む仕組みが欲しいとか、速読を実践している人を見てみたいっていう方は、お気軽にご参加くださいませ。(^^*
 
 
 
 なにしろ、まずは2009年の振り返りをしっかりおこなって、その上で気持ちが熱いうちに2010年の決意表明を自分に対しておこなっておきましょう。
 
 その上で、ぜひ環境整備にも挑戦してみてください!
●●

投稿者 てら : 2009年12月12日 05:41 

トップへ戻る 「最近、客が減ってまして…」 新年を充実させる準備を年末にする! まずは言葉を鍛えよう! カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/361

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る