寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

「科学的」は詐欺?! このエントリーを含むはてなブックマーク 

 速読の世界をのぞくと、やたらと「科学的」を振りかざしてる気がしますよね。「科学」と「伝統」か?
 
 まぁ、よっぽど自分たちのやってるメソッドに自信がないんだろうな〜と思う今日この頃。
 
 まぁ「伝統」をウリにするのは、分からなくもないところですね。
 
 どういう業界でも「老舗」というのは、それだけで尊敬に値するものです。しかし、それは評判に裏打ちされた「良さ」「強さ」が認められていればっていう話。
 
 詐欺師とか泥棒も数千年前から存在しますが、あれは伝統でもなんでもないですよね。
 
 速読教室の歴史が古かったとして、それが詐欺師的なビジネスの古さなのか、尊敬に値するモノなのかは判断がつきませんね。
 
 ひどいところは「ケネディ大統領も、この方法を使ってトレーニングをしていました!」とかのたまう教室まで出てくる始末!おい、本当かそれは!(笑)
 
 伝統はあるけどクチコミがない。それはきっと詐欺だ。間違いない。
 
 科学的というのも怪しい。
 
 教室なのに科学が必要なのか?もちろん、科学的なデータを元に指導法を改良しましたってのはよくある話。うちもやってます。
 
 が、「修得者の脳の働きは…」なんて脳の活動イメージを見せて「ほら、科学的でしょ?」って。
 
 そりゃないだろ。おい。
 
 それは科学的な装置を使って検証しただけじゃん。(−−;
 
 現場に確かな指導法があって、それに誰もが満足しているのであれば、別に科学を持ち出す必要はないんですよ。(と、川島隆太先生に言われたことがあります。はい。)
 
 クチコミがない、現場にノウハウがない、だから科学的なもっともらしいデータですごさを演出しよう!っていうハラですな。
 
 科学を教室の現場に持ち込むのなら賛成ですよ。一人一人のデータをチェックしながら、それに見合う処方箋を用意する、みたいなノリで。
 
 でも、極一部の「できる人」をまな板に載せて、「ほら、できる人はこんな感じ」なんて見せられてもねぇ。(ーー;
 
 野球教室とか、予備校とかでそんなことをやったら、まじで怒鳴られますよ。
 
 「おまいら、指導する気あんのか!」って。
 
 「速読は研究室の中で求められているんじゃない!現場で求められているんだ!」って。
 
 科学的、右脳、伝統…どの言葉も、現場に自信がないやつがつかうキメぜりふだ。間違いない!
●●

投稿者 てら : 2007年08月28日 15:44 

トップへ戻る 【第43回】「伝説の社員」になれ! 「科学的」は詐欺?! 速読は読書の延長か? カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/4

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る