寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

シールでモニタリング このエントリーを含むはてなブックマーク 

 前にちょっと書きましたが、「学習の状況をシールで把握する」ということをやり始めました。
 
 中学校・高校教師時代にやっていた「ご褒美シールで学習進度を把握する」というヤツを、社会人がやっても楽しいのではないか?と思ったわけです。
 
 ただ、社会人になると、子供ほど無邪気ではありませんので(笑)、シールを貼らなくなったら(つまり、学習をしなくなったら)それはそれで慣れてしまって気にならなくなり、学習促進効果は薄れてしまいます。(人と比較し競争するという要素もありませんしね。)
 
 
 
 そこで、ひと工夫。
 
 シールに「やってません」という種類を加えました。
 
 これはレコーディング・ダイエットの発想です。
 
 「やっていない自分」を認識することで「やべーな、こりゃ」という焦りを生み出します。
 
 
 
 やってみると、これが結構、イケそうな予感がしています。(まだ1週間ですが。。。)
 
 シールには自分の学習充実度をモニタリングする機能を持たせていて、「やってない」「乗らなかった」「まぁまぁ」「よし」「最高!」の5段階で貼るようにしています。
 
 そして、シールを貼ったついでに「なぜ今日は乗らなかったのか」ということを振り返り、何か対策が取れたのでは?と思えたら、その気づきを明日にバトンするようにします。
 
 逆に「よっしゃ!」という状態であれば、また次にその状態を生み出しやすいように、よかった理由、条件(環境etc)などをメモするようにします。
 
 いずれにせよ、シールをご褒美代わりにすると同時にモニタリングのツールにしてしまって、今日の自分をしっかりと明日につなげるようにするわけです。
 
 
 
 ちなみに今回作ったシールはこんな感じ。
SAMPLE
 
 これは猫ですが、他に犬とパンダバージョンもあります。(笑)
 
 さらに、読んだ本のジャンルをモニタリングするシールも作ってみました。貼っていくと、自分がいかに偏った読書をしているか分かります。(爆)
 
 
 
 しばらく、このシールで自分の学びをモニタリングしながら、目指す学びの状態に持って行きたいと思っています。
●●

本日の充実度

投稿者 てら : 2009年04月08日 22:08 

トップへ戻る 【第124回】「組織戦の時代」「功なき者を活かす」 シールでモニタリング 「学び」の共通項 カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/218

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る