寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

納得いく毎日を過ごすために本当に必要なこと このエントリーを含むはてなブックマーク 

 1月のMy課題図書であった『成功の掟』を、ようやく読みました。
 
 もう何度、読んだか分からないくらいなのですが、相変わらずグッと来る言葉が並んでいます。
 
 そして、今あらためて奥付の出版情報を見てびっくり。1989年に出ているんですよ! 私が大学1年生だった年の秋に!
 
 もう20年もの間、読み継がれているわけですね。
 
 
 
 私がこの本を毎年1月に読む理由は明快です。
 
 この本の若き主人公(ストーリー仕立てなんです)に対して、年老いたミリオネアが語る言葉を、主人公とともに聞くためです。
 
 怠らず、現状に甘んじて立ち止まらず、成長し続けることを、自分に教え続けるため。
 
 しかし、毎年読んでいるにも関わらず、毎回、「あ、これではいけない」と身を引き締め直しています。
 
 
 
 特に、毎年のように自分に「そうだよね、大事にしなきゃね」と言い聞かせているのは、この言葉。
 
 
 
『信念は、それをことばにあらわし、繰り返し復唱することによってもたらされる。
 
ことばは人間の内面とまわりの環境に対してはかり知れない力を持っているのだ』

 
 
 
 今年はクレドを作り、持ち歩くことによって、自分の信念と、日々意識すべき事を「復唱する」習慣を強化しました。
 
 が、まだ足りていない。まだまだ“確固たる信念”になり“自分が行動せずにはおられない”ような状態には至っていません。
 
 時々(1日3〜4回)、クレドを見直しながら「よし、がんばろう」と思っている程度です。
 
 
 
 そう。実は、この本の中には、どのくらい復唱したらいいかも書いてあるんですよ。
 
 「1日最低50回、この文句を繰り返すこと。
(中略)
この初歩的な方法さえ実行できんと言うなら、金持ちになる望みは捨てたほうがいい。」
 
 
 
 1日50回ということは、20分に1回ぐらい復唱しなければなりませんね。
 
 ということは、復唱すべき言葉は、自分にとっての究極のゴールを明確に言い表した、簡潔な言葉でなければなりません。だって、クレドのように何項目もあったら50回も復唱できませんからね!
 
 
 
 もう、2つ3つ、素敵な言葉をご紹介しましょう。
 
 「もし今夜死ぬとしたら、死の瞬間に、今日なすべきことはみななし終えたと自分に言いきかせることができるだろうか?」
 
 そういえば、孔子は「朝に道を聞かば、夕べに死すとも可なり。」という言葉を残しています。
 
 山本常朝は『葉隠』の中で「武士道とは、死ぬこととみつけたり」と語っています。
 
 それぞれ、ニュアンスは違いますが、「死」を正面から見つめることで「生」を充実させることの尊さを語っているわけですね。
 
 ついつい「明日があるさ」と、自分を許してしまっている日々を猛烈に反省させられています。。。(−−;
 
 
 「生活の向上を望んでいながら少しも動こうとしない人間というのは意外に多いものじゃ。
 (中略)
 チャンスがきたら迷わずそれをつかめばいい。おじけづいてはならん。」
 
 「求めよ、さらば与えられん」とはキリスト教の聖書の言葉ですが、まずは心から欲しいと思うことを明確にし、言葉にすることが必要ですね。
 
 何かを成し遂げたいなら、達成の目標と、期限を明確にすること。それが本当に「求める」という意味です。
 
 そして、心からそれが欲しいと思うのであれば、それを手に入れるための投資、行動を忘れないこと。
 
 自分は成し遂げることを確信した上で、揺るぎない自信を持って邁進していく。不安があったり、自信がなかったり、その不安が故に保険を掛けようとしたり、そういう「逃げ腰」だから、本当に求める成果が手に入らないのです。
 
 私も、これまでどれだけ「いや、別に望んでないさ」と、うそぶいて大切なこと、本当なら手に入れられたかも知れない成果を逃してきたか。。。
 
 今年は、間違いなく「たどり着きたい場所に行く」と誓っているからこそ、この言葉がガツンと響きます。
 
 
 
 あらためて「読んで良かった」という1冊でした。
 
 もし、あなたが、毎年同じことが繰り返される今日、今の自分に不満を抱いているようなら、ぜひ熟読し、速読で何度も読み返していただきたい1冊です。
 
マーク・フィッシャー著『成功の掟』
●●

マーク・フィッシャー
日本能率協会マネジメントセンター
2005-09-26
おすすめ平均:
基本かも
これは普通の成功哲学とはまた違う本だポ
posted by Amazon360

本日の充実度本日の本の種類
※河野武著『そんなんじゃクチコミしないよ』・・・なかなかGood!

投稿者 てら : 2010年01月28日 11:30 

トップへ戻る Windows7で… 納得いく毎日を過ごすために本当に必要なこと あなたの読書スタイルを激変させる「Kh」思考 カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント

自分は3年前にこの本に出会って、成功哲学系の本を読むように
なりました。

かなりお気に入りの一冊でいままで3冊くらい買って、人に
プレゼントしました。
個人的には『成功の掟3』が好きですけど、普通の人からみると
わけがわからない世界ですね。(潜在意識で玉がグルグル回ったり。)

一昨年、たまたま入ったブックオフの格闘技コーナーに
なぜか『成功の掟』の1989年の初版本が100円で売って
あったので、運命を感じ再度買いました。

寺田さんもこの本が好きだということで、そこにも勝手に
運命を感じてます。(キモいですね。。)

また読み返してみます。

投稿者 小田 : 2010年02月01日 17:47

おー、この本、そんなに縁が深いんですか。それはご縁ですね。
 
ぜひ、今年は、お互い目指すステージに登っていきましょうね!
●●

投稿者 てら : 2010年02月02日 04:25


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/391

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る