寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

twitterどうよ?(3) このエントリーを含むはてなブックマーク 

 懲りもせず、またもやtwitterネタ。
 
 twitterは間違いなく、多くの人にとって仕事の効率を落とす魔性のツールになっているはず。
 
 携帯電話とEメールがそうでしたよね。
 
 「常に人とつながっている」という心地よさ。
 
 それが、どれほど人に「つながりつづける」という強迫観念で縛り付けているか考えれば、この想像は、そう外れてもいないはず。
 
 
 
 しかし、そのtwitterに、メールを自動受信するな、親指シフトで効率化だ!と主張する勝間氏までも参入したとは。。。
 
 
 
 いや、勝間さんはきっと、twitterがあっても時間を浪費しない人。
 
 むしろ、発信力を高めるツールとして活用し、仕事を効率化していくことでしょう。
 
 
 
 実は、これってすごく大事なこと。
 
 双方向コミュニケーションツールは、宿命的に「グーグル・アマゾン化」に向かいます。
 
 情報発信力の差が、情報収集力(というか引力)の差につながるんですよね。
 
 良質な情報を出す人の元には、上質な情報が集まってくる。
 
 Garbage In, Garbage Out.(ゴミを入れれば、ゴミが出てくる)というアチラの諺をよく目にしますが、実際のところ情報発信の世界では Garbage Out, Garbage In.となります
 
 良質な情報を出し続ける人には、良質な情報が集まってくる。
 
 
 
 お酒は飲んでも、飲まれるな。至極名言。
 
 ツールは使っても、使われるな。これも肝に銘じておきたいところですね。
 
 
 
 さて、twitterを使っていらっしゃるあなた、あなたはtwitterを使い始めて、仕事・学びの成果は上がっていますか?下がっていますか?
 
 もし、成果を上げる方向にはつながっていないなーと感じている人がいれば、ぜひアルファブロガー大橋悦夫氏の模範的な使い方を参考にしてみてください。
 
 ここまでやれれば、twitterブラボー!と声を大にして主張していいかも知れません。
 
 グーグル・アマゾン化が必然なら、勝ち組に入れる使い方をしましょう!
 
>> http://cyblog.jp/modules/weblogs/2025
●●

投稿者 てら : 2009年07月28日 15:18 

トップへ戻る [書感]あなたは本当に、本を読めているのか? twitterどうよ?(3) ロジカルに「読む」の次に… カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/289

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る