寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

スピーチ力アップ!絵本朗読トレーニング Vol.1 このエントリーを含むはてなブックマーク 

 先日、『講師としての話す力を鍛える3つのトレーニング〜新入社員研修プランを考えてみた〜』で書いたように、新入社員を講師として育てるために朗読トレーニングを開始しました。
 
 とりあえず「声」だけで、空気を作れないと人を惹きつけるトークはできません。
 
 私の尊敬する数学者、秋山仁先生が雑誌に書いていらっしゃった言葉なのですが、
 
「教師たるもの芸人でなければならない」
 
 私は、これをモットーとして教師の道を歩いてきました。(あ、もちろん今もです。)
 
 
 
 声の高さ、スピード。
 
 しゃべる時の、相手とのアイコンタクトのタイミング。
 
 しゃべる時の「間」の取り方。
 
 
 
 相手に、どう緊張感を持たせるか、どう集中力を高めさせるか、どうリズムを作らせるか、すべてをトークと表情で伝えられる(生み出せる、場を支配できる)ようにしたいところです。
 
 これは、おそらく仕事で「声」でコミュニケーションを取る人なら誰もが意識して磨いておくべきことだと思います。
 
 そしてこれらは、なんとなくしゃべっていても、いつまでたっても磨かれません。
 
 まずは、自分のしゃべりを聞いて、問題を分析すること。
 
 今回の場合は、新入社員の朗読を録音して、それを聞かせました。その上で、1つ1つ問題点を指摘しつつ、改善の方向性を示します。
 
 その上で、私が模範朗読をして、それと比較させました。
 
 
 
 自分では意外と心を込めてしゃべっているつもりでも、意外と受け手には平板に響いているものです。
 
 特に、集中力高く聞いてくれているならともかく、その集中力を引き出すことから取り組まなくてはならないわけですからね!
 
 いつもの300%ぐらいのつもりで、かなりオーバーにしゃべらないと、ちゃんと伝わらないものです。
 
 顔の表情を作り、雰囲気を演出しないと、もちろん声に雰囲気は出ませんので、本当に「全身で表現する」ぐらいの勢いが必要です。
 
 
 
 トークの模範が欲しいっていう方は、NHK教育で7:45a.m.に放送されている「テレビ絵本」を見ることをお薦めします。有名芸能人たちが絵本の朗読をしています。(5分番組で、日によって、これが「テレビ寄席」になることもあります。)
 
 
 
 ちなみに新入社員の指導前の朗読をご用意しました。興味のある方はどうぞ。(笑)
 
mp3ファイル(なぜか1.1MBもありますので、本当に興味のある方だけどうぞ)
 
 これがどう変化するのか。3ヶ月後が楽しみです♪
●●

白石 謙二
フォレスト出版
2006-10
おすすめ平均:
posted by Amazon360

投稿者 てら : 2010年01月19日 17:10 

トップへ戻る 量をこなすのって大変じゃありません? スピーチ力アップ!絵本朗読トレーニング Vol.1 いつも失敗してきた。だからもう一度挑戦する必要があった。 カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/382

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る