寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

量をこなすのって大変じゃありません? このエントリーを含むはてなブックマーク 

 昨日は運転免許の更新で半日つぶれてしまい、パソコンに向かう暇もなかったためブログをすっ飛ばしてしまいました。
 
 夜は8時半にはベッドに入る「よい子」モードですし。(笑)
 
 そういうわけで「ノルマをこなす」ぐらいのつもりで、朝一でブログ執筆です。
 
 
 
 今日の自分の中のテーマは「量をこなすことで質を生むためには何を意識しなければならないのか」。
 
 運転免許試験場の往復のバスの中で、あれこれ思索しておりました。
 
 その一端をシェアさせていただこうかと。。。
 
 
 
 今年は「カタチだけでもノルマを果たす」ことを大事にしようと思っています。「意味」とか「意義」とか考えすぎると前に進めませんからねー。
 
 読書も同じです。今年は「無理にでも多読をする」と宣言して、とりあえず1日に1〜2冊のペースで読んでいます。
 
 といっても日曜日は読みませんので、まだ平均すると1日に2冊には届かず。ということは500冊っていうペースは、そうとうがんばらないといけないんですね。(^^;
 
 
 
 習慣を確かなものにするために、ブログも読書も「記録」をすることにしています。
 
 去年もつけていたのですが、数ヶ月経過して「ま、こんなもんだな」と自分の傾向がつかめたところで止めてしまいました。
 
 今年はちゃんと1年間続けてみようかと思っています。(さて、続くのか・・・自分でも楽しみです。)
 
 
 
 ただ、どれも、やってみて思うのですが、本当に形式に走ると、まったく実がない作業になってしまいそうだってことです。
 
 読書なんて、まさにその代表みたいな感じがします。
 
 よく、1日1冊とか読んで、本の引用と薄っぺらい読書感想文にもならないような記事を書いている人がいますが、いったい何を期待しているんでしょうかね?
 
 速読できない人が、本をちゃんと読んで、ちゃんと記事を書こうと思ったら、少なくとも数時間はかかるはず。
 
 そして、一ついえることは、感想と引用をブログに書く作業ってのは「確認」と「記録」の作業にしかなっていません。それは「学び」ではない。【断定】 水割りのファンタを飲むような作業で、何を手に入れようとしているのか聞いてみたいものです。
 
 ・・・と思って、知り合いの若者を問い詰めたらブログの更新がストップしました。(苦笑)
 
 
 
 でも、更新することを大事にして薄っぺらな記事を量産するよりも、「自分は何をしようとしているのだろう?」って思い悩んでブログの更新ができなくなる…ぐらいの方が健全のような。
 
 悩んでいる時は、いろいろ自分の未来とか、目指す方向とか考えているはずですからね。
 
 表面的な反応レベルの体験談と、単なる出来事をツラツラ並べたところで、誰のメリットにもならないのは明らかです。
 
 だって、自分の思考も深まらないし、学びにもならず、それでいて読んだ人の学びにもならないわけですからね。。。
 
 
 
 私自身も「1日1冊」をこなすことで何を目指すのか? 何を手に入れれば価値が発生するだろう? と自問しながら本を読んでいます。
 
 師匠である土井英司氏なら、何を考えながら読むだろう、どういう視点で本を読むんだろう? とか。
 
 一番怖いのが、1日1冊をこなすことを優先してしまって、本当に読むべき本を避けてしまうこと。(といったって、ハウツー系の本を丁寧に読んでも15分で終わってしまうわけなんですが。)
 
 本の仕訳のための読書ってのもありですが、それではあまりにもったいない。(時間とエネルギーが)
 
 
 
 とりあえず、新年がスタートして2週間。
 
 クレドと定期テストメモのおかげで、自分の目指す方向を見失わず、量をこなすことが惰性にならずに続けられています。
 
 ここまでの成果として、みなさんにシェアできることは2つ。
 
●年始のモチベーションは、クレドを持ち歩くことで、かなり長く引っ張れそう。(去年は持ち歩いてなかった)
 
●今日の取り組みは「記録」することで明日につなげやすくなる。
 
 よかったら、ぜひあなたの「量のこなし方」も点検してみてください。「それは何のため?」、「それは誰のため?」、「それは最高の価値を生んでる?」って。
 
 もし「続ける」のが得意なら、ぜひそのコツを教えてください!(^^)!
●●

本日の充実度本日の本の種類
※1/16〜1/19…川上哲也著『仕事はストーリーで動かそう』、外山滋比古著『思考の整理学』(再読)、鹿島茂著『勝つための論文の書き方』、藤田尚弓著『「悪女」の仕事術」

投稿者 てら : 2010年01月19日 03:29 

トップへ戻る ブランドコンシャスな発信してる? 量をこなすのって大変じゃありません? スピーチ力アップ!絵本朗読トレーニング Vol.1 カテゴリ:moyamaのトップへ

コメント


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.sr20.jp/mt/mt-tb.cgi/381

ビジネス速読実践者ブログTOP » 寺田's 学びを成長につなぐフォーカス発想のススメ

▲このページのトップへ戻る